行政通報開始を留保

ブログ

皆様、こんばんは。

 

最も気になっていた部分が「留保」になりました。 ここ2週間騒がれている問題も関係してますね。。。

 

遊技産業健全化推進機構は11月13日、12月から開始を予定していた遊技機性能調査に基づく行政通報を当分の間「留保」すると発表した。

 

遊技機性能調査はパチンコ店に設置されたパチンコ台が検定を受けた状態で使用されているかどうかを調べる覆面調査。警察庁から要請を受けた同機構が今年6月から開始していた。

 

ただし調査開始から半年間は周知期間に位置づけ、とくに悪質なケースを除いて、行政への通報は12月まで差し控える方針を示していた。

 

行政通報の開始を留保する理由について同機構は、出荷時点ですでに検定機と性能が異なる可能性もあることを受け、警察庁から該当するパチンコ台に撤去要請があったためと説明。また撤去によって状況の改善を期待するとの見解があわせて示されたことから「業界全体の解決に向けた取り組みの進捗状況を見極めることとし、当分の間、行政通報を留保する」と発表した。

 

by グリーンべると

 

 

交換玉数を下げたからスタートを回しているが、12月からどうするか? 他入賞を開けることになったら、当然その分スタートは回せなくなる。

 

何というか、考えていた時間が勿体無いと言うか取り越し苦労なのか・・・

 

まぁ結果的には良かった! ・・・で終わっておこうw

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

常時山本

常時山本

パチンコ業界のホールの出店・閉店情報、最新情報や新台入替情報、設置機種から出玉情報情報がメインのブログです。たまに毒吐きます。

最近の記事

  1. その後どうなった?

  2. 検定通過状況

  3. 黒字転換

  4. 国際疾病分類第11版(ICD-11)

  5. 検定通過状況

ランキング

  1. 1

    黒字転換

  2. 2

    検定通過状況

  3. 3

    その後どうなった?

  4. 4

    国際疾病分類第11版(ICD-11)

  5. 5

    検定通過状況

アーカイブ
TOP