パチンコ業界のホールの出店・閉店情報、最新情報や新台入替情報、設置機種から出玉情報情報がメインのブログです。たまに毒吐きます。

menu

常時山本~透明感のあるパチンコ業界へ~

6号機への不満

皆様、こんばんは。

 

今に始まった事ではないけど。。。

 

■パチスロプレイヤー調査発表、一撃2,400枚上限に対する不満大きく

 

日遊協は3月18日、パチスロプレイヤー調査2020を発表した。この調査は、日電協、日工組回胴部会などが協力して毎年実施されており、市場の6号機移行が進むなか、パチスロの参加人口や参加率、頻度、満足度の変化を確認するとともに、6号機の遊技状況や評価などから、今後の6号機のあり方を探索することが狙いだ。

 

DSC01904-1-720x480

 

それによると、年1回以上遊ぶパチスロ参加人口は、前年比約94万人減の約716万人。遊ぶ回数が減った理由は、新型コロナウイルスの感染が気になると答えた人が45.6%で、もっとも多かった。また6号機に対しては、20円AT/ARTで遊ぶ層ほど、有利区間の制限や、出玉の一撃2,400枚上限に対する不満が大きいことも分かった。さらに、6号機を継続遊技しないと答えた人の理由としては、「勝ちにくいと感じた」がもっとも多く、次いで「通常中が面白くなかった」「一撃の獲得枚数に期待できない感じがした」の順で続いている。

 

今回の調査では、やや踏み込んだ質問として一撃の出玉と有利区間の上限に納得できない理由についても聞いており、そこでは「投入する枚数には制限がないのに、一撃の上限数には制限がある」「上限枚数に達すると、上乗せしたAT・ARTのG数が消化できない」「2,400枚以上獲得でないため、出玉を大量に獲得できるイメージがわかない」などの意見が寄せられている。

 

なお、この調査は1万サンプルを用いた事前調査を経て、本調査を1月13日〜17日に実施。サンプル数は、現行プレイヤー1,536、休止者層465となり、これらサンプルから収集したデータをもとに分析が行われている。

 

by グリーンべると

 

6号機は投資10,000円以内で出ないと勝てないし20,000円入れようものなら負け確。 天井まで打つしかない状況で追い金しても駆け抜けで終了し結果的に追い金分さえ戻ってこない時もしばしば。 途中で止めたらエナ連中のカモだしw 結果AT後は即ヤメだし0回転台がほとんど。

 

さらに上限2,400枚と言ってもそこまで出ないケースもあるし。 悪循環よね。 以前はその機械を知るために投資して打っていたけど全て体感できずに諦めることも多くなった。 結果5スロや2スロで内容を知る人も少なくない。

 

 

有利区間の撤廃は最後の切り札だから管理遊技機まで持越しなのか!? 設備投資できる体力ありませんけどw

 

LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


パチンコ転職ナビ様

食育マルシェ

プラスセブン株式会社 採用情報

広告募集中

RSSでブログを購読

読者になる

最新の記事

アーカイブ