パチンコ業界のホールの出店・閉店情報、最新情報や新台入替情報、設置機種から出玉情報情報がメインのブログです。たまに毒吐きます。

menu

常時山本~透明感のあるパチンコ業界へ~

皆様、こんばんは。

 

先月の適合状況です。。。

 

■パチスロ適合率、さらに悪化し今年最低値を更新

 

保通協は10月1日、統計資料「令和2年9月の型式試験等状況」を公表した。

 

今年9月の型式試験の状況をまとめた同資料。パチンコは結果書が交付された71型式(前月比4型式減)のうち、適合が29型式(同1型式増)、不適合が42型式(同型式減)、適合率にして40.8%(前月は37.3%)となった。 一方のパチスロは結果書が交付された84型式(前月比増減なし)のうち、適合が11型式(同3型式減)、不適合が73型式(同3型式増)、適合率にして13.1%(前月は16.7%)となっている。

 

パチスロの適合率は4ヵ月連続で悪化が続いた。この間の適合率は6月が21.6%、7月が16.9%、8月が16.7%、9月が13.1%となり、9月の数値は今年の最低値を更新している。これに伴い9月の不適合型式の数(73型式)は今年最多となり、適合型式の数(11型式)はコロナの影響で結果書の交付が極端に少なかった5月(適合10型式)に次ぐ少なさとなっている。

 

また今年7月から型式試験の実施を開始したGLI Japanも10月1日、「令和2年9月の型式試験等状況」を公表。現状、パチンコ機の試験しか行っていない同機関だが、9月においては、1型式の結果書を交付し、結果は適合となっている。同機関の型式試験で適合が出たのは初のこととなる。

 

なお9月において同機関は、2型式の型式試験申請書を受理している。7月からの累計で同機関が受理した型式は計5型式(うち1型式が適合済み)。10月中に2型式、11月中に2型式の試験を終了する予定としている。また10月はパチンコ3型式の試験申請書を受理する予定だ。

 

by グリーンべると

 

毎月思うんだけどこのままの適合率でどうするのかね!? 改善の余地はあるのだろうか!? 当然適合率が重要では無いし上がったからと言ってユーザーから支持を得られるとは限らない。

 

どうしたもんかね!?

 

詳細は以下の通り

IMG_7791

 

LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


パチンコ転職ナビ様

先読み通信

プラスセブン株式会社 採用情報

広告募集中

RSSでブログを購読

読者になる

最新の記事

アーカイブ