販促方法の見直し

ブログ

皆様、こんにちは。

今朝の産経新聞で興味深い内容がありました。。。

             ダウン

             ダウン

             ダウン

             ダウン

             ダウン

■参考にする情報源の信頼度

 1.友人・知人の口コミ(直接の会話) ・・・・・・・・ 80.6%

 2.新聞記事 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 76.5%

 3.サンプルでもらった商品・情報 ・・・・・・・・・・・ 68.6%

 4.専門家のテレビ・雑誌などでのコメント ・・・・ 65.9%

 5.インターネット上の評価・比較サイト ・・・・・・ 58.0%

 6.テレビ番組 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 52.1%

 7.個人(友人・知人含む)発信の

   インターネット情報(ブログ・SNS) ・・・・・・・・ 49.3%

 8.本・雑誌の記事 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 40.2%

 9.テレビCM ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 28.8%

10.新聞内の広告 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 21.3%

11.本・雑誌の広告 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  8.3%

これは主婦マーケティングの「ハー・ストーリィー」 という会社が、会員女性1,808人をターゲットとしたアンケート結果だそうです。

先日「食べログ」「Yahoo!知恵袋」などのやらせが発覚しました。 今や、溢れた情報をどう処理するかは個人のスキルにもなっています。

何が正しくて、何が間違っているのか!?

当業界としても、これを一つの情報と捉え、販促方法の見直しを考える必要がありそうですね^^


関連記事

コメント

  1. この業界でも口コミの影響力は物凄いですよね。
    POP等も必要ですが、日頃お客様との会話を最も大切にしています。

  2. >やまつんさん

    各台計数が進むということは、今まで以上にお客様との接点が少なくなっているので1度の会話を大事にしたいですね^^

常時山本

常時山本

パチンコ業界のホールの出店・閉店情報、最新情報や新台入替情報、設置機種から出玉情報情報がメインのブログです。たまに毒吐きます。

最近の記事

  1. 黒字転換

  2. 国際疾病分類第11版(ICD-11)

  3. 検定通過状況

  4. 地元企業への支援

  5. 中古価格

ランキング

  1. 1

    黒字転換

  2. 2

    国際疾病分類第11版(ICD-11)

  3. 3

    検定通過状況

  4. 4

    吸収分割

  5. 5

    ボヤ騒ぎ!?

アーカイブ
TOP