設置比率

ブログ

皆様、おはようございます。

 

なかなかねぇ。。。

 

■新規則機の設置比率、7月末の目標値75%に対し68.4%に留まる

 

全日遊連は8月2日、7月末時点の全国ホールのパチンコ、パチスロ新規則機の設置比率をまとめた『新規則機「設置比率」の進捗計画』及び『県別 新規則機 設置比率(都道府県順)』を都府県方面遊協宛に通知した。

 

21世紀会が旧規則機の撤去基準として示している新規則機の設置比率の進捗計画によると、7月末の目標値はパチンコ・パチスロ合算で75%となっており、これに対し、実際の新規則機の設置比率は68.4%に留まった。

 

遊技機別では、パチンコの設置比率は75.2%と目標を上回っているものの、パチスロの設置比率は57.9%と目標を大きく下回る状況となった。都道府県別では、設置比率の目標値(75%)を上回っているのは、群馬県(75.6%)の1県のみ。70%を超えているのは群馬県を含め、13県となっている。

 

今後の設置比率の目標値は、9月末が80%、10月末が85%、11月末が90%、12月末が95%、2022年1月末が100%となっている。

 

by 遊技通信

 

あくまで現状報告なんだろうけど。

 

そもそも延長措置なんかするからギリギリまで使うに決まってる。 いまだに凱旋を撤去してない店舗があるんだから、そっちを先に何とかするべきでしょうに。

 

それ以前に業界等価(県単位だとどうしようもない?)、TUC未使用、自家買い、一物二価など機械以外にも沢山あるけどね。。。

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

常時山本

常時山本

パチンコ業界のホールの出店・閉店情報、最新情報や新台入替情報、設置機種から出玉情報情報がメインのブログです。たまに毒吐きます。

最近の記事

  1. その後どうなった?

  2. 検定通過状況

  3. 黒字転換

  4. 国際疾病分類第11版(ICD-11)

  5. 検定通過状況

ランキング

  1. 1

    黒字転換

  2. 2

    検定通過状況

  3. 3

    その後どうなった?

  4. 4

    国際疾病分類第11版(ICD-11)

  5. 5

    検定通過状況

アーカイブ
TOP