パチンコ業界のホールの出店・閉店情報、最新情報や新台入替情報、設置機種から出玉情報情報がメインのブログです。たまに毒吐きます。

menu

常時山本~透明感のあるパチンコ業界へ~

設置期限延期を否定

皆様、こんばんは。

 

それで良い、延期なんかしたらズルズルいくだけ。。。

 

全日遊連・阿部理事長、旧規則機の設置期限延期の可能性を否定

 

全日遊連の阿部恭久理事長は11月17日の理事会後の会見で、来年1月末に迫っている旧規則遊技機の設置期限の延長について、「話をしたことがないので分からない。全日遊連が(延長の)要望書を出したとか巷で言われているが、出していない」と述べ、設置期限の延長の可能性を否定した。新規則機の「設置比率」の進捗計画では、10月末の目標値85%(パチンコ・パチスロ合算値)に対し、74.4%に留まっており、旧規則機の入替が進んでいない状況となっている。

 

阿部理事長はこの状況に対し、「8月に関していえば、6号機が48,000台設置されて、6号機が38,000台外された。実質10,000台しか(設置が)増えていない。現状は6号機ではファンもつかない、商売にもならないという部分がある。外せと言っても入れるものがない状況にきている。1月末までに外すことはお願いしているが、いまパーセンテージを上げるためにどうにかしろとは言いづらいし、難しい」との見解を示した。

 

こうした状況を踏まえて設置期限の延長についても、「要望したところで、機械が変わらなければ同じことの繰り返しになる」と述べ、優先課題として遊技機のバリエーションやスペックの多様性を求めていくことを挙げた。

 

by P-world

 

そもそも月毎の目標値に合わせるのは困難。

 

強いメーカーが「目標値通り撤去できていないと導入できません」ってスタンスを取れば、より進むと思うけどなぁ。 もしくは目標値達成できている店舗は新台の大幅値引き(▲10万円)とか。 今更だけどw

 

例え10月末で74.4%だとしても、最後(1/31)まで使って切り替える予定を組んでいる店舗がほとんどだと思う。 勿論島閉鎖も視野に。

 

LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


プラスアルファ様

食育マルシェ

カタリバ

広告募集中

RSSでブログを購読

読者になる

最新の記事

アーカイブ