計数機の立入調査

ブログ

皆様、お疲れ様です。

さっそく標記の件です。

健全化機構が計数機の立入り検査をスタートしました。

健全化機構(河上和雄代表理事)は、誓約書提出ホールに対して実施している遊技機の随時・無通知の立入り検査において、4月から、新たに玉/メダル計数機の検査もスタートしました。


ホームページ等を通じて、誓約書提出ホールへの周知徹底を図っている。 玉/メダル計数機の不正防止問題については、自工会が「自工会取扱製品に関するゴト防止のためのセキュリティ基準」を強化するとともに、加盟各社が市場導入予定の製品の自主検査を行うなどの施策を今年1月からスタートしている。


一方、すでに市場にある玉/メダル計数機について、健全化機構の立ち入り検査で検査対象とすべく、機構と関係団体間で協議が進められていた。


関連記事

コメント

  1. コインは常に数えながら箱に移してますし、パチンコは最近出玉速度が遅い(アタッカーの拾いが悪い)んで、余裕で数えられます。

    数枚、数玉なら違ってることもありますが、さすがに1万発で300玉とか間違わないですからね。

    これは昔被害にあったことからやりはじめたクセです( ´艸`)

  2. こういう検査があるということは
    こういう不正をしている店があるとの現れですよね
    しかも、かなりの店舗でやっているから、大規模検査になる
    微々たる店舗だけなら、コスト考えたら動きませんもんね

    ちなみに自分も幾度となく被害にあってきました

  3. 10,000個であれ、100個であれ、3%の削りに気づく人はなかなかいませんね。5%削られたって、!?となる人なんか極僅かだと思います。にも関わらず、それをやれば、店としては大きく利益が変わるはずです。

    ホントに徹底してほしいと思う反面、こういうところはいつまでもグレーであり続けるんだろうな、という諦めもあります(>_<)

常時山本

常時山本

パチンコ業界のホールの出店・閉店情報、最新情報や新台入替情報、設置機種から出玉情報情報がメインのブログです。たまに毒吐きます。

最近の記事

  1. 検定通過状況

  2. 黒字転換

  3. 国際疾病分類第11版(ICD-11)

  4. 検定通過状況

  5. 地元企業への支援

ランキング

  1. 1

    黒字転換

  2. 2

    国際疾病分類第11版(ICD-11)

  3. 3

    検定通過状況

  4. 4

    検定通過状況

  5. 5

    吸収分割

アーカイブ
TOP