破産決定

ブログ

皆様、お晩です。

さっそく標記の件です。

正村商会、破産手続き開始の決定を受けていました。

民間信用調査機関によると、6月24日に事業停止、7月22日に自己破産を申請していた正村商会(愛知県名古屋市西区、代表正村勝一氏)が、8月23日に名古屋地裁から破産手続き開始決定を受けたことが分かった。


同社は、1941年に個人創業、55年9月に法人改組されたパチンコホール、観光ホテルの経営業者。本社ビル1階で「パチンコマサムラ」、2階で「正村寿呂斗館」を経営するほか、マンションの賃貸や新潟県妙高市の赤倉温泉での「ホテル太閤」の経営も行っていた。負債は約11億円。

以前は京楽と提携していましたが、実態は知りませんが手放した形となったのか!?


関連記事

コメント

  1. お疲れ様です♪

    パチンコを造った!と言っても過言ではない、「まさむら」がなくなるなんて…

    学生の頃打った羽物や、名機マジカルチェイサーなどなど、沢山の思い出が~。
    この業界の厳しさが伝わってきますばい (>_<)

  2. 京楽グループで、マジカルチェイサーを作ったまさむら遊機は、正村商会とは別物ですね。

    正村竹一氏に請われて工場長になった寿製作所の伊藤社長が、後に「まさむらブランド」を譲り受け、設立したのがまさむら遊機です。

  3. >ボンペイ吉田さん

    ボンペイ吉田様、コメント有難うございます。

    分かっていて書いてしまいました…

    というのも「CRナイトファンタジー」は良かったなどと書こうと思ったのですが『あれは、まさむら遊機だ』と記事を修正したにも関わらず、書いてしまいました^^;

    ご教授ありがとうございます^^

常時山本

常時山本

パチンコ業界のホールの出店・閉店情報、最新情報や新台入替情報、設置機種から出玉情報情報がメインのブログです。たまに毒吐きます。

最近の記事

  1. その後どうなった?

  2. 検定通過状況

  3. 黒字転換

  4. 国際疾病分類第11版(ICD-11)

  5. 検定通過状況

ランキング

  1. 1

    黒字転換

  2. 2

    検定通過状況

  3. 3

    その後どうなった?

  4. 4

    国際疾病分類第11版(ICD-11)

  5. 5

    検定通過状況

アーカイブ
TOP