機械台情報

ブログ

皆様、お晩でございます。

サ○ーも阿呆ですね。。。 のっけから蹴落としますw

当初は、「CRAデジハネ北斗の拳」を導入するには「CRおりん」との比率が「北斗:おりん=1:2」であった。こんなダッキーをやっていたが故に、売れるはずの「CRAデジハネ北斗の拳」が売れていないようだ。

最近では、3/29(日)納品の2週遅れであれば1台からでも導入が可能となっている。 先日の話しじゃないですが、売り方によっては機会損失ってこともあり得るという良い事例となりましたね。。。

話しは変わって、タイヨーエレックの「CR八代亜紀」の営業が始まった。 これは、「リ○グにか○ろ2」「龍○如○」をチラつかせている。。。 今週に入り、銀座のスロットはタイヨーエレックで販売し、パチンコはサミーで販売するのが決定したようです。

そして、パチンコでは話題の「CR蒼○の拳」がGW明けに出てきそうだ。 ただ、漫画を読んでも「北斗の拳」よりは面白くないと思うのですが、皆様は如何でしょうか!?


関連記事

コメント

  1. 原作はチラリとしか見ていませんが、

      北斗の拳=本家
      蒼天の剣=分家

    という風な見方をされるんではないでしょうか。
    コンテンツだけ拾うと。

    昔、海のまがいものwが沢山出てきましたが、それと同じだと思います。

    • 一般人
    • 2009.02.19 3:23am

    あれ!

    抱き合わせは禁止されたんでは…?詳しい人教えてくだすぁい

    • しゅん
    • 2009.02.19 7:15am

    勿体ないですなぁ。Sammyもここで強気になる必要がないきが・・まぁ皆、好調だと上から目線になるんですかね

    • 霞拳四郎
    • 2009.02.19 10:15am

    HVJSとHVJTが偶々当っただけで
    途端に天狗になってしまったのでしょうか?
    桃鉄をはじめその他機種はまだまだ酷い出来なだけに
    もう少し謙虚になってもらいたい所ですよね・・・

    「北斗」と「蒼天」は
    “北斗神拳”という共通の柱があっても
    根本的に話のつくりが違う似て非なるもの。
    北斗は南斗六聖拳から既に週刊連載ならではの
    継ぎ接ぎ後付けの展開で
    ストーリーが矛盾だらけでした。
    蒼天はもっと大局を見据えた構成で
    大人向けの漫画になっていると思います。

    まぁ、ストーリー云々は
    多くのパチユーザーにとって
    大して重要ではないんでしょうが・・・

    京楽なんかに比べるとサミーはまだまだ
    原作の良さを活かし切れたことがない
    開発力では明らかに二流以下ですね。
    買い手側に対する態度だけは一流ですが(^^;

  2. 原作者の原哲夫がぶくぶくと肥えてしまったせいか、漫画の登場人物も顎のラインにシャープさが欠けてしまいました。

    慶次もケンシロウも最近の書き下ろしは別人ですww

    • はんせん
    • 2009.02.19 7:46pm

    こういう売り方すればいずれ自分達の首を絞めるってことになぜ気付かないんか…。所詮三流メーカーの成り上がりか(笑)

    • 通りすがりですが
    • 2009.02.19 11:45pm

    今までの抱き合わせ=〇〇を買ってくれないと(目玉機種)は売りません

    抱き合わせ禁止=〇〇を買ってくれたお店が優先ですので、(目玉機種の導入は)その後になりますね

    こんな感じじゃないですか?
    自分も一般人なのであくまでも想像ですが・・・
    「〇〇の機歴がないお店には売りません」ってのが出来なくなっただけではないのかと。

    • 雑誌関係
    • 2009.02.20 4:26am

    霞拳四郎さんが言うのも解るけど、ことコンテンツの解釈に関しては、殆どの打ち手に取ってはワリとドーでもいい事なんですよ。愛があるのは判るけど。私は好きだから打つって事はしないし、一般的には「新台」だから打つ人が殆どでしょ。
    あと誰かが、原哲男がブクブク太って~って書いていましたが、パチやスロで儲けた結果肥えたっていうニュアンスなのでしたら、それは半分間違ってます(違ったら失礼)よ。一番儲けたと思われてるスロの北斗(最初の)では、色々と良からぬ輩が介在した結果、殆どがハネられてますから。スロに関しては、まともに金が入ったのは二作目からです。

常時山本

常時山本

パチンコ業界のホールの出店・閉店情報、最新情報や新台入替情報、設置機種から出玉情報情報がメインのブログです。たまに毒吐きます。

最近の記事

  1. 検定通過状況

  2. 黒字転換

  3. 国際疾病分類第11版(ICD-11)

  4. 検定通過状況

  5. 地元企業への支援

ランキング

  1. 1

    黒字転換

  2. 2

    国際疾病分類第11版(ICD-11)

  3. 3

    検定通過状況

  4. 4

    検定通過状況

  5. 5

    吸収分割

アーカイブ
TOP