業界総粗利2014

ブログ

皆様、こんばんは。

 

先週の記事ですが。。。

 

ダイコク電機(栢森秀行社長)は7月8日、都内のホテルで「DK-SIS白書2014」発刊記者発表会を開催(記者発表会には栢森社長とDK-SIS室の山岸室長が臨んだ)。

 

  今年 昨年 増減
総粗利額 3兆5,000億円 3兆6,300億円 ▲1,300億円
遊技機購入費 1兆700億円 1兆2,000億円 ▲1,300億円
遊技機利益 2兆4,300億円 2兆4,300億円 ±0円

 

全国ホールの業界総粗利が前年比1,300億円(3.6%)減の3兆5,000億円と推計されたことを報告した。1,300億円の粗利減少分のうちパチンコ総粗利は1,100億円。

 

総粗利に占める遊技機購入費用(中古機は含まない)は同1,300億円(10.8%)減の1兆700億円。1,300億円の粗利減少分がそのまま遊技機購入費用の減少分に推計した。この結果、遊技機利益は2兆4,300億円。前年から増減なしの横ばいで推移している。遊技機利益は業界総粗利から遊技機購入費用を差し引いたもの。

 

DK-SISから推計した2014年の全国ホールの平均アウトはパチンコ1万4,090個(前年比440個、3.03%減)、パチスロ6,742枚(同52枚、0.77%減)。台粗利はパチンコ2,220円(同70円、3.1%減)、パチスロ2,460円(同110円、4.3%減)と報告された。

 

今年6月末現在のDK-SIS会員数は3,711会員。データ送信台数はパチンコ・パチスロ合算で138万台。捕捉率は全体の約30%に達している。

 

by グリーンべると

 

 

粗利減少分の約85%がパチンコというのも納得する部分とそうでない部分と・・・

 

パチンコは低玉に拍車が掛かっているという点では分かるが、スロットはより粗利が取りづらいなっているのでもっと減少しても良いと考えていたのだが。。。

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

常時山本

常時山本

パチンコ業界のホールの出店・閉店情報、最新情報や新台入替情報、設置機種から出玉情報情報がメインのブログです。たまに毒吐きます。

最近の記事

  1. 中古価格

  2. スマスロ納期決定

  3. 無敵スペック!?

  4. 中古価格

  5. 電気代高騰への対策

ランキング

  1. 1

    中古価格

  2. 2

    企業売上ランキング

  3. 3

    無敵スペック!?

  4. 4

    超獣スペック!?

  5. 5

    民事再生申請

アーカイブ
TOP