接客の意味

ブログ

皆様、こんにちは。

本日バスに乗る機会があり、その時の失敗談です。。。

私は前乗り後降りのバスで、降りる目の前に立っていました。すると、ベビーカーに乗った赤ちゃんとベビーカーを押すお母さん、3歳以下であろう男の子の3人が後ろから乗ってくる時でした。

私はすぐに身体が動き、男の子を抱き上げバスに乗せ、ベビーカーの前部分を持たせていただきました。ここまでは良かったのですが・・・

よくよく考えると、男の子を抱き上げる時に「おにいちゃん、ジャ~ンプ♪」とか何故一声掛けてあげれなかったのかが後悔でなりません。

男の子からすれば、知らない人に抱き上げられ、怖い思いをしたかもしれない。もしその一言があれば、男の子は笑ったかもしれない。そのことがずっと気になり、ここに書いてしまいました。

広告宣伝規制の中、今できることは出玉と居住性、接客(マンパワー)での信用が客数に表れると思います。挨拶や笑顔で接客できるのは当り前ですが、上記のようなある意味一見客との一瞬の接点って限りなく少ない。この瞬間を大切に出来ている店舗というのは、稼働として客数として結果が出ているのではないでしょうか。

このような瞬間はそうあるものではない。しかし現場は日々大変です。クレームや罵声を浴びせられることがほとんどだし、その中でこの瞬間のためにモチベーションを維持しなくてはならない。これを維持するために会社側や社員のフォローがどうするかが重要なこと。

という訳で、私はこの大切な瞬間のチャンスロスをしてしまいました。我ながら恥ずかしく思い、このような事が二度とないよう心に誓いました。

関連記事

コメント

  1. ドル箱の上げ下ろしの度に、店員がありがとうございます。って言う店は、出玉も凄いし、客の回転もよさげな感じしますよね~。
    (・∀・)

    客の数を一匹二匹と数えてる店は、閑古鳥が鳴いてるのは、偶然でしょうか。

    (・◇・)

  2. 自分らの自動車部品の製造業も、考えたら同じですよね~。

    単なる、単調な作業の繰り返しになると、惰性も出てきますが、会う事はない、車に乗られるお客様に、安全に、お乗り頂くって気持ちを常に持てば、部品の精度もより高く作らなきゃ。って、思いますしね~。

    やはり、心の奥深い所で、お客様に感謝する気持ちを持ち続けたいものですわ。
    (・◇・)

  3. 税金を納める イイ事です その前に大人として、次世代を担う 子供・若者にどう接するかで10年後でて きそうですね

    その考え 素晴らしい

常時山本

常時山本

パチンコ業界のホールの出店・閉店情報、最新情報や新台入替情報、設置機種から出玉情報情報がメインのブログです。たまに毒吐きます。

最近の記事

  1. その後どうなった?

  2. 検定通過状況

  3. 黒字転換

  4. 国際疾病分類第11版(ICD-11)

  5. 検定通過状況

ランキング

  1. 1

    黒字転換

  2. 2

    検定通過状況

  3. 3

    その後どうなった?

  4. 4

    国際疾病分類第11版(ICD-11)

  5. 5

    検定通過状況

アーカイブ
TOP