パチンコ業界のホールの出店・閉店情報、最新情報や新台入替情報、設置機種から出玉情報情報がメインのブログです。たまに毒吐きます。

menu

常時山本~透明感のあるパチンコ業界へ~

加熱式タバコ専用フロア希望

皆様、こんにちは。

 

興味深いデータですね。。。

 

■喫煙者の約半数が“加熱式タバコ専用フロア”の設置を望む/Booming Net Player’s Eyes

 

2020年4月1日に改正健康増進法が施行され、ホール内は原則禁煙となった。施行から1年が間近に迫ったいま、喫煙比率、来店回数増減、加熱式タバコ専用フロアに対する受け止め方を、ブーミングネットが実施した来店客アンケートを基に考察していく。

 

喫煙比率の円グラフを見てもらいたい。それによると、「喫煙する」と回答したのは37.6%と4割を下回り、「喫煙しない」と回答したのは62.4%となった。喫煙率の業界平均は概ね50~60%と言われている。もちろん地域差は存在し、すべてのホールにおいてこの限りではないが、それから見ても、喫煙する遊技客が減少傾向にあると見て取れそうだ。

q1

 

来店回数はというと、71.7%と大半が「変わらない」と回答。「減った」と回答したのは15.6%に留まり、逆に12.7%の遊技客が「増えた」と回答している。来店回数の増減に関してはプラマイゼロといったところだ。

q3

 

最後に、喫煙者を対象に全国的に導入が進む「加熱式タバコ専用フロア」の是非を訊くと、48.4%と約半数の遊技客が「あったほうがよい」と回答。「ないほうがよい」と「どちらでもよい」はともに25.8%だった。専用フロアのニーズはあるにせよ、加熱式タバコの遊技客が少ない場合は導入しても効果は薄い。そこの見極めは重要だろう。合わせて、紙巻きタバコの遊技客への対応も欠いてはいけない。喫煙・非喫煙、加熱式・紙巻きタバコ問わず、全ての遊技客にとって快適な空間の提供を心がけていきたい。

q2

 

by グリーンべると

 

来店しているユーザーへのアンケートだからこのようなデータになっているけど、そもそも打ちながら紙タバコを吸えなくなった時点で「もうパチンコ店へ行ってない!」って人も少なくない。  実際にはここの層がコロナ以上にダメージ大きいのかも?

 

ホールとしても検証しづらい・・・ちょうど1年前(4/1~)はコロナとダブルパンチだったから設備投資してもこれが正しかったのか。 コロナが落ち着いたらこの差がジワジワと稼働に表れてくるのだろうか!?

 

勝手なイメージだけど「紙タバコ ≒ 中高年層」「加熱式タバコ ≒ 中年層以下」って感じ。

 

LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


プラスアルファ様

食育マルシェ

カタリバ

広告募集中

RSSでブログを購読

読者になる

最新の記事

アーカイブ