パチンコ企業数減少

ブログ

皆様、こんばんは。

 

ん~何となくピンとこない。。。

 

■パチンコ経営企業数は241減の3,003社〜矢野経

 

矢野経済研究所は、全国のパチンコ経営企業数及び店舗数に関する調査を実施。2018年12月末時点のパチンコ経営企業数は3,003企業、店舗数は9,794店舗と発表した。

 

リリースによると、パチンコ経営企業数は前年比241社の減少。200社以上の減少はパチスロ5号機への移行が完了した2008年以降で最大となった。 資本や経営者などの関連する企業グループでみると2,297グループとなり、前年に比べ163グループ減少した。 これらの企業が経営するパチンコ店舗数は9,794店舗で、前年比464店舗の減少だった。

 

一方、新規出店は119店舗で前年に比べ43店舗減少。2016年、2017年と2年連続で200店舗を下回ったが、2018年は150店舗を下回る極めて低い水準となった。 調査は2018年9月から12月に実施。これらの結果をまとめた「2019パチンコ経営企業総覧(東日本版)・(西日本版)」は、同社から2月18日に発刊されている。

 

by グリーンべると

 

3,000社かぁ・・・

 

同じ3,000で思い付くのが3,000店舗。 これは何を意味するかと言うと、メーカーが新台の販売見込みが立つ店舗数だそうだ(店舗数が10,000店舗あった場合、約3割が新台を購入するという考え)。 じゃあ、残りの7割は!?

 

話は変わって当業界で言うところの「大手」って、イメージするのはマルハン・ダイナム・ガイア。 こんな感じ!? でもこの3社を足しても1,000店舗あるかないか。 で、約1割。 他業界で言う「大手」は1社で3~5割のシェアを獲得してこそ「大手」。 つまりパチンコ業界には「大手」って居ないに等しい。 もっと言うと中小企業の集まり。

 

・・・と、E様の御言葉を拝借しましたw

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

常時山本

常時山本

パチンコ業界のホールの出店・閉店情報、最新情報や新台入替情報、設置機種から出玉情報情報がメインのブログです。たまに毒吐きます。

最近の記事

  1. 中古価格

  2. スマスロ納期決定

  3. 無敵スペック!?

  4. 中古価格

  5. 電気代高騰への対策

ランキング

  1. 1

    中古価格

  2. 2

    企業売上ランキング

  3. 3

    無敵スペック!?

  4. 4

    超獣スペック!?

  5. 5

    民事再生申請

アーカイブ
TOP