ダイナム上場後の初決算

ブログ

皆様、お晩です。

非常に気になるところなので転載させていただきます。

■ダイナムの初決算は減収増

大手パチンコホールのダイナムジャパンホールディングス(東京都荒川区・佐藤洋治代表執行役社長)は5月29日、昨年8月の香港証券取引所上場後、初となる決算(速報)を発表した。


それによると2013年3月期(2012年4月1日~2013年3月31日)の遊技業収入(ネット方式に基づく純額=粗利益)は1639億6100万円(前年比11億1700万円、0.7%減)、税引前純利益は334億3600万円(同50億3200万円、17.7%増)の減収増益となった。


なお営業利益は342億8900万円(同40億5200万円、13.4%増)、当期純利益209億2500万円(同50億2700万円、31.6%増)。


国際財務報告基準(IFRS)では、パチンコホールの売上は貸玉(メダル)の総額(グロス方式)では認識せず、いわゆる粗利益の部分を売上として認識する決まりになっている。


by グリーンべると

この『粗利益の部分を売上として認識する』というところ、良いと思います。 それにしても上場して減収はマズイかもしれませんね。

当然、躍起になって物件を探しまくっている訳ですね。 そして、バジリスクⅡの高騰もダイナムが買い漁っているという噂が。。。


関連記事

コメント

  1. 減収増益ならよいのでは?違うのかな~

  2. 基本パチンコホールの運営会社は株式上場出来ないから、財務諸表も一般的なものしか作らない。
    有価証券報告書に準じたものがなければ評価出来ないかな!?

常時山本

常時山本

パチンコ業界のホールの出店・閉店情報、最新情報や新台入替情報、設置機種から出玉情報情報がメインのブログです。たまに毒吐きます。

最近の記事

  1. 検定通過状況

  2. 黒字転換

  3. 国際疾病分類第11版(ICD-11)

  4. 検定通過状況

  5. 地元企業への支援

ランキング

  1. 1

    黒字転換

  2. 2

    国際疾病分類第11版(ICD-11)

  3. 3

    検定通過状況

  4. 4

    検定通過状況

  5. 5

    吸収分割

アーカイブ
TOP