スロット開発に光明!?

ブログ

皆様、こんばんは。

さっそく標記の件です。

先日(12/8)に行った回胴遊商の忘年会での話しです。

回胴遊商が忘年会で特別会員を代表して挨拶したアリストクラートの吉松敏男社長は、「スロットARTのガイドライン」について、「日電協の案に行政から前向きな回答をもらった。


12月22日に連絡会を改めて開催し、方向性を各社に連絡する。来年度以降、より適合率をあげるための努力をやっていこうということで、一歩前に出たなという感じがしている」と述べた。


また全日遊連、日遊協、日工組、日電協とと行政を含めた話合いのなかで、「情報端子板の廃止」を決めたことも明らかにした。情報端子板から出されていたセキュリティ信号を一つにまとめることで、開発側は100バイト程度のメモリをゲームに関する部分に使えるようになるという。


吉松社長はそのうえで、「今後はこれをベースにして新たな開発ができる。メーカー側からみると一歩前に出た。来年4月以降もっとプレイヤーに喜ばれる機械作りができるのではないか」との見通しを示した。

喜ばれる機械が出るのはウェルカムですがこういう話しって何度も出ては消え、なかなか前に進まないんですよね・・・ 気長に待ちましょうって感じでしょうか!?

それよりも、コンテンツって出しつくした感がありませんかね!?


関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

常時山本

常時山本

パチンコ業界のホールの出店・閉店情報、最新情報や新台入替情報、設置機種から出玉情報情報がメインのブログです。たまに毒吐きます。

最近の記事

  1. 超獣スペック!?

  2. Pサラリーマン金太郎

  3. PA新海物語

  4. S新鬼武者

  5. 検定通過状況

ランキング

  1. 1

    民事再生申請

  2. 2

    検定通過状況

  3. 3

    黒字転換

  4. 4

    その後どうなった?

  5. 5

    検定通過状況

アーカイブ
TOP