カジノオープン

ブログ

皆様、こんばんは。

さっそく標記の件です。

オリンピック会場そばに、イギリス最大のカジノがオープンした。

ロンドン東部にある、オリンピック開催予定の会場そばに英国最大のカジノがオープンした。「イブニング・スタンダード」紙が伝えた。


ショッピングセンター「Westfield Stratford City」内にあるカジノ「Aspers Casino」が、2011年12月1日午後12時にオープン。65,000平方フット(約6,040平方メートル)の広さを誇り、クリスマス当日以外は、年中無休で24時間営業する。


来場者は、ひとりあたり平均100ポンドを使い、勝ち金はおよそ80ポンドとされている。開店初日には5,000人が来店したと見られており、初日だけで約50万ポンドが賭けられた計算になる。

「Aspers Casino」のリチャード・ノーブル氏は「24時間オープンのスーパーのようなもの。ひっきりなしに利用客が訪れる」と話す。


同カジノのオープンをめぐっては、ロンドン東部の一部の宗教団体から批判の声があがっていた。しかし、同カジノにより、新たに440人が雇用され、そのうちの70%は地元のニューハム住民が占めていることから、地元への貢献ぶりは無視することができないといえる。


カジノのオープンにより、オリンピック・パークに隣接する形でつくられる複合施設「Stratford City」は、完成にまた一歩近づいたことになる。


ちなみに、14億5,000万ポンドをかけて建設された、欧州最大の都市型ショッピング・モール「Westfield Stratford City」は今年9月半ばにオープンしている。

世界各国でカジノがオープンしてますね。

日本もかなり場所が限定されるとは思いますが、リゾート地などにはアリだとは思うのですが・・・


関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

常時山本

常時山本

パチンコ業界のホールの出店・閉店情報、最新情報や新台入替情報、設置機種から出玉情報情報がメインのブログです。たまに毒吐きます。

最近の記事

  1. 黒字転換

  2. 国際疾病分類第11版(ICD-11)

  3. 検定通過状況

  4. 地元企業への支援

  5. 中古価格

ランキング

  1. 1

    黒字転換

  2. 2

    国際疾病分類第11版(ICD-11)

  3. 3

    検定通過状況

  4. 4

    吸収分割

  5. 5

    ボヤ騒ぎ!?

アーカイブ
TOP