がん検診

ブログ

皆様、こんにちは。

 

これも駐車場有効利用の一つですね。。。

 

■名古屋のパチンコ店で初の「がんリスク判定検査トライアル」実施へ

 

遊技機部品の企画・開発・製造を軸に各種新規事業を展開する森創(愛知県北名古屋市/櫻井泰雅社長)は、愛知県のホール企業、京楽と善都と連携して「パチンコ店がんリスク判定検査トライアル」を4月29日と30日に行うと発表した。

 

9e396fd8a0181ba41a16086bd9b7196c-525x298

 

がんリスク判定検査に会場を提供したのは、名古屋市中区の「サンシャインKYORAKU栄店」と北区の「ZENT名古屋北店」。国内のがん検診率が低いことに加え、コロナ禍による受診控えによって早期発見が難しくなっている状況を受け、線虫を使ったがん検査を提供するHIROTSUバイオサイエンスと連携。検査費用は税込1万円と安価で、事前予約をすれば受付から約10分程度で検査が終了する手軽さながら、高精度を特徴とする「N-NOSE(エヌノーズ)」を活用した検査を行う。森創が電話とLINEトークルーム、Twitter DMなどで予約を受け付けるほか、当日分も用意するという。

 

パチンコ店の敷地を使った同種の検査は日本で初の試み。森創では、「パチンコホール企業から検査スペースの無償提供、検査活動補助をいただき、地域住民ががん検査を気軽に受けやすい環境をつくった。街の身近な場所で気軽にがん検査を受けるきっかけをつくることが、がんの早期発見を増やし、がん死亡者数の減少に繋がると信じている。今後は規模を拡大することで住民が元気で長生きする健康な街づくりの実現を全国のパチンコ店から発信していきたい」としている。

 

今回の活動に対しては、遊技機メーカー9社(京楽産業.、高尾、竹屋、豊丸産業、西陣、藤商事、平和、ベルコ、ユニバーサルエンターテインメント)が協賛。後援に日遊協中部支部が名を連ねた。

 

by 遊技通信

 

最近では駐車場をPCR検査会場として開放したり、天災時にも終日開放するなど以前よりもより地域密着の動きが進んでいる気がする。

 

以前だと”地域密着”って言葉は使ってるけど何が”地域密着”なのか不明な店舗も多かったし^^;

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

常時山本

常時山本

パチンコ業界のホールの出店・閉店情報、最新情報や新台入替情報、設置機種から出玉情報情報がメインのブログです。たまに毒吐きます。

最近の記事

  1. 中古価格

  2. スマスロ納期決定

  3. 無敵スペック!?

  4. 中古価格

  5. 電気代高騰への対策

ランキング

  1. 1

    中古価格

  2. 2

    企業売上ランキング

  3. 3

    無敵スペック!?

  4. 4

    超獣スペック!?

  5. 5

    中古価格

アーカイブ
TOP