パチンコ業界のホールの出店・閉店情報、最新情報や新台入替情報、設置機種から出玉情報情報がメインのブログです。たまに毒吐きます。

menu

常時山本~透明感のあるパチンコ業界へ~

「沖ドキ」撤去に影響⁉

皆様、こんばんは。

 

もう数日後に迫っているのですが。。。

 

■『沖ドキ!』撤去に影響!? 全日遊連内部での混乱の行方21世紀会決議遵守に5県遊協が反対)

 

全日本遊技事業協同組合連合会が臨時理事会を開いたのは2020年12月16日だった。栃木県遊技業協同組合の開催請求を受けたもので、提案事項は「新型コロナ感染症拡大(第3波)に対する総合的対処について」。51人の理事のうち、45人が出席した。

 

栃木県遊協の金淳次理事長は旧規則機の取扱いに関するパチンコ・パチスロ産業21世紀会決議について持論を展開。複数の出席者によると、「高射幸性遊技機は21世紀会決議どおり、当初の検定切れ、認定切れの日までに撤去する。だが、その他の旧規則機は2020年5月20日施行の規則改正で1年延長するとした経過措置期間内での運用が認められるよう、再検討してほしい」との要望が出された。しかし、受け入れられなかったという。

 

当日は逆に、21世紀会決議を遵守することを決議すべきだとする動議が他の理事から出され、賛成36理事、反対5理事、棄権4理事で決議した。なお、全日遊連が旧規則機の取扱いに関する21世紀会決議の遵守を決議したのは今回が初。翌17日、同組合は21世紀会を構成する他の12団体に報告した。

 

決議に反対したのは栃木のほか群馬、茨城、三重、愛媛の5県遊協で、このうち、栃木県遊協は12月17日に緊急理事会を開催し、旧規則機の設置・運用に関しては経過措置期間を1年延長するとした改正規則を遵守すると決議する意向を同席上で表明した。

 

金理事長はまた「弁護士と相談しながら進めている」と述べ、その結果として21世紀会決議違反となった組合員店舗が全日遊連や21世紀会からペナルティを受けたときは栃木県遊協として組合員を守るとも明言したという。

 

群馬県遊技業協同組合の森山秀夫理事長と茨城県遊技業協同組合の平文暉朗理事長も、21世紀会決議を「遵守」するのではなく、「努力目標」とする方向で舵を切ると伝えたという。

 

by グリーンべると

 

この5県は特に稼働しているから尚更か・・・

 

千葉の某企業は撤去しないし、大阪の某企業は再設置するしと足並みが全く揃わない。

 

新機種への規制緩和にも影響し兼ねない部分なんだけども。。。

 

LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


パチンコ転職ナビ様

食育マルシェ

プラスセブン株式会社 採用情報

広告募集中

RSSでブログを購読

読者になる

最新の記事

アーカイブ