~透明感のあるパチンコ業界へ~

menu

常時山本

皆様、お晩です。


本日は、酷い稼働だったお店が多いようですね・・・ 先週末でお金を使い果たしたってところでしょうか!? 今週は厳しい週となりそうです。(;°皿°)



さて豚、標記の件です。

先日、都遊協が遊技機メーカーと意見交換会を実施しました。


東京都遊協は7月29日、東京地区に拠点を持つ遊技機メーカーおよび東遊商役員5名の計27名と、遊技機の販売方法等に関する意見交換をした。

席上、都遊協側が遊技機の販売方法で業界4団体の合意以前とで変更があったかどうかを各メーカーに質問したところ、メーカー側からは『販売方法や考え方に変更はない』との意見が多かった一方、一部で実施されていた供給台数の関係での優先販売や、導入台数の多い順といた各種販売方法が、合意後には見直したとの報告などもあった。

また、人気機種などホール側の需要に対して供給が間に合わない場合、どのような対応を考えているのかという都遊協側の質問に対し、『実績を重視して納品するようになると思う』『何らかの制限をつけないといけない場合も出てくる』などの考えがメーカー側から出された。


関連して、需給バランスをとるためメーカー側では部品の発注に最も苦慮しているとの意見も出たほか、機械代のコスト削減のため海外から部品を調達しているメーカーが多く、世界的な不況の影響と遊技機価格との関連を指摘する声もあった。

さらに、受注生産の可能性については、部品の在庫を極力排除したいメーカー側の意向を勘案して、都遊協側から『検定に適合してから半年後の納品でもよいので、受注のあった台数分だけ製造できないのか』との意見が出された。


これに対してメーカー側から『検討する余地は十分にある』との前向きな意見が出された一方、検定有効期間の問題や『旬なものをなるべく早く出したい』との意向なども多く寄せられた。

また、受注生産のメーカー側の不安要素として、ホール側のキャンセルや他社の動向を見定めながら市場投入する現状、さらには検定に適合してから納品までに間隔があくことのデメリットなども挙げられた。


さらに、メーカー側からは入替自粛に対する否定的意見、コスト削減の取組みの難しさ、スタート賞球数が多い『遊パチ』の需要についてなど、より具体的内容での情報交換が行われた。



まぁ、話し合いではなく意見交換会ですので当たり障りのないの内容ですね。 本音と建前は異なるってもので。。。





LINEで送る

常時山本の覆面調査

店舗にいると何が良くて何が悪いのか分からなくなる時があります。そんな時は第三者の視点で観る事も必要です。

①競合店と比べると自店はどうなのか。
②自店の強みは何なのか。
③不正はされていないか。

などなど、改善する事で全体のパフォーマンスを上げ支持率へと繋げましょう。

常時山本の覆面調査については、こちらからお気軽に問合せ下さい。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージはこちら

関連記事

    • TK
    • 2009年 8月 19日



    このようにブログで内容が記事になって公にされてしまうのですから、当たり障りのない内容になってしまうのは当然のことかと思います。
    昨晩は常時氏もお忙しかったことから、当たり障りのない寸評!?しか書かれていませんが、お時間のある時にでも、この件に関して常時氏としては、業界としてどうすべきか、どうあるべきか、お考え、想いをぜひ記事としていただければ嬉しいです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

株式会社エコネット様

株式会社エコネット様

パチンコ転職ナビ様

パチンコ転職ナビ様

株式会社TABEO(タベオ)

P・S店専門ホームページ制作会社様

広告募集中!

広告募集中!

読者になる

RSSでブログを購読

アクセスカウンター

  • 9143昨日の閲覧数:
  • 206753月別閲覧数:
  • 61現在オンライン中の人数:

カレンダー

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

Twitter

最新の記事

アーカイブ