~透明感のあるパチンコ業界へ~

menu

常時山本

ダイナムJH中間期

皆様、こんばんは。

 

増益が凄すぎる。。。

 

■ダイナムJH中間期、コスト削減で減収増益

 

ダイナムジャパンホールディングスは11月21日、2018年9月中間期の連結決算速報値を公表した。

 

それによると、ダイナムJHの9月中間期は、貸玉収入3,868億4,000万円(前年同期比2.6%減)、営業収入735億8,300万円(同4.7%減)税引前中間利益124億1,100万円(同47.6%増)、中間利益83億2500万円(同53.2%増)の減収増益となった。

 

高貸玉店舗を中心に営業収入が減少している一方、当中間期においては、遊技機購入費用を主とするコスト削減により、増益を達成したという。

 

2018年9月期は、低貸玉店舗1店舗を新規出店し、商圏見直しに伴い低貸玉店舗1店舗を閉鎖した。9月30日現在の店舗数は450店舗。業態別では高貸玉店舗が179店舗、低貸玉店舗が271店舗となっている。

 

中間配当は、安定配当継続の観点から1株あたり6円とした。

 

by グリーンべると

 

今は確保しておくべき時期と判断した上でこの結果なのだろうけど、減収とのバランスが乖離し過ぎ!?

 

先々稼働ベースが下がれば下がるほど増益しづらくなると思うんだけどなぁ。 それと結果が出てからの中古導入(増台含む)は、そもそもの販売台数が少ないから、今後はもっと厳しくなる。

 

450店舗もあるから稼働のランク分けはされているだろうから色々とチャレンジ出来ると思うんだけどなぁ・・・

 

LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

210-81

210-81

パチンコ転職ナビ様

売り場プロモーション診断士検定

デザイン定期便

広告募集中

RSSでブログを購読

読者になる

最新の記事

アーカイブ