~透明感のあるパチンコ業界へ~

menu

常時山本

CR真・北斗無双 第2章

皆様、こんばんは。

 

先日ですが観て来ました。。。

 

IMG_8543

IMG_8551

IMG_8554 < 大当り⇒通常(潜伏していると10回転以降でレインボー表示)

IMG_8556

IMG_8560

IMG_8548

IMG_8561

IMG_8562

 

■結論 : アリですね! 買わない選択肢は無い。

 

■メリット : 青い筐体で見栄えが良い。

        現状稼働貢献しているビッグタイトル。

        演出は巨大ギミックや導光板を上手く使いインパクト大。

        「北斗7」時短7回⇒30回・50回・70回と増えていて引戻しにも期待できる。

 

■デメリット : 当然ながらスペックは現行無双の方が上。

         時短回数が増えた分は潜伏で玉減りさせて調整。 ⇒ 左打ちで1/43.5を引く。

         現行北斗無双を主軸にしている店舗はどう考えるか。 何台導入するかが迷う。

 

■納期&販売台数 : 9/2(日)~ &  台

 

■スペック : TS=1/319.7(TSA=1/43.5)、1&3&4&15(10C)、時短=30、50、70、100回、払出:2R=90個、4R=600個、16R=2400個

  特図1 … 4R確変(電サポ回数) 30回=5%、50回=10%、70回=20%、次回=30

        4R通常(時短回数) 30回=14%、50回=14%、70回=7%

  特図2 … 16R確変=65%(次回まで)、2R通常=35%(100回時短)

 

■備考 : 簡単に言うと北斗無双に北斗7のスペックを積んだ形。 初当り後(10%)以外は確変か否かを時短30回以降に判明(ドキドキ感? じらさないで?)。 個人的にはリーチの派生であった「一撃当千チャンス」がSPリーチに組み込まれてしまったのが残念^^; 配置イメージだと手前に無双2、奥に無双って感じかな。

 

LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

パチンコ転職ナビ様

売り場プロモーション診断士検定

デザイン定期便

ユニバカ×サミフェス2018

RSSでブログを購読

読者になる

最新の記事

アーカイブ