~透明感のあるパチンコ業界へ~

menu

常時山本

都遊協からのFAX③

皆様、こんばんは。


先日話した通り、本日全日の会合がありました。

会合後にFAXを受信したので添付いたします。


            ダウン


            ダウン


            ダウン


            ダウン


            ダウン


常時山本


結局、平日は3時間以上の短縮営業に変化はなしで、土日祝のみ1時間以上の短縮営業で落ち着き、また、営業時間自粛期間は4/28(木)までになったようです。





LINEで送る

関連記事



  1. 何のための短縮営業なのか、さっぱり分かりませんね。
    とりあえず節電に協力したフリがしたいだけなんでしょうね。



  2. やはりこの業界は私利私欲しか考えてないのですね…



  3. 7月~の空調などの節電協力を早急に思案してほしいです。 関東の店舗は短縮営業どころでなくなる はず…



  4. 店が集めた金は、出どころが客の財布なのは当たり前と…


    だから、店は義援金出す為の予算を別枠で組むんでしょ?
    例えば、店の売り上げ目標が1億だったとして義援金500万を出すんだったら、
    1億500万が売り上げ目標になるんでしょうよ。
    その分、設定下げたり釘閉めたり。
    パチ屋が売り上げ(利益)の中から予算を割くとは考えられん。
    悪いけど、そういう風にしか考えられない業界ということ。
    売り上げから義援金ではなく、上乗せ回収分が義援金になる、だから本末転倒。


    と、個人的には思ってしまいますよ。



  5. >かっちゃん。さん

    その通りです。
    特別枠が必要なら、その分釘を閉め設定を落とせばいいだけ。
    義援金活動協力と銘うって集める金は客が新たに負担する金です。
    そのくせ、業界は復興支援してるみたいな大義名分を謡う姿に虫ずが走りますね。

    店の金なんか集めなくていい。
    客の懐が潤えば、率先して自発的に客が個々で募金するはずです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

パチンコ転職ナビ様

売り場プロモーション診断士検定

デザイン定期便

広告募集中

RSSでブログを購読

読者になる

最新の記事

アーカイブ