~透明感のあるパチンコ業界へ~

menu

常時山本

皆様、こんばんは。

 

すでにご存知だとは思いますが。。。

 

■健全化機構、上半期の立入検査は1,530店舗

 

一般社団法人遊技産業健全化推進機構は10月31日、2019年度上半期(4月1日〜9月30日)の立入り検査店舗数、及び検査台数を発表した。

 

発表によると、立入検査店舗数は1,530店舗(うち計数機検査201店舗)、検査遊技機数は1万452台(パチンコ4,975台、パチスロ5,477台)、検査計数機数201台(玉185台、メダル16台)。 昨年同期と比べると、検査店舗数が約138.0%(昨年度1,109店舗)、検査遊技機数が約140.4%(同7,445台)、検査計数機数が約127.2%(同158台)となった。

 

本年度の目標店舗数は1,500店で、半期で年間の計画店舗数を達成したことになる。 この主な要因について健全化機構では、「依存防止対策調査の開始が遅れていることによるもの」としている。 なお、これの調査結果には遊技機性能調査の結果は含まれていない。

 

2019年度上半期の月別調査店舗数は以下の通り。

・4月 227店舗(計数機26店舗含む)

・5月 203店舗(計数機12店舗含む)

・6月 278店舗(計数機40店舗含む)

・7月 294店舗(計数機55店舗含む)

・8月 212店舗(計数機35店舗含む)

・9月 316店舗(計数機33店舗含む)

 

by グリーンべると

 

ようやく?無法地帯の県にも動きがあったようで。

 

まだまだみなし機の設置や認定機を装った?(表面上は分からない)検定切れ機もありますね!

 

「いつの間にか期限が切れてて気付きませんでした! 申し訳ない!!」と気付き、稼働停止にするならまだ許せるんだけどね。。。

 

LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


パチンコ転職ナビ様

食育マルシェ

プラスセブン株式会社 採用情報

広告募集中

RSSでブログを購読

読者になる

最新の記事

アーカイブ