~透明感のあるパチンコ業界へ~

menu

常時山本

皆様、お晩です。


最近、立入りが活発化しつつありますので目を通しておきたいものです。


健全化機構、「立入り拒否」に判断基準を策定


パチンコ・パチスロ機の不正改造排除を目的に、全国のパチンコ店を対象として随時・無通知「立入検査」を行っている遊技産業健全化推進機構は8月6日、「立入拒否」に関する4項目の判断基準を策定。


これに抵触する行為が発生した場合、立入拒否と判断する方針を関係方面に通知した。4項目は次のとおり。

1. 機構検査員に対し、暴言を浴びせたり、暴力行為に及んだりした場合
2. 機構検査員の説得に応じず、概ね1時間を超えて立入検査に入れなかった場合
3. 機構の存在をそもそも認識せず、立入検査に入れなかった場合
4. その他の理由により立入検査に入れなかった場合


立入拒否と判断されたホールは店内に掲示している「誓約書提出証明書」が機構に回収され、立入拒否のあった日から起算して6ヶ月が経過するまで再発行は受けられない。


また機構のホームページで公開されている誓約書の提出ホールリストから店名が削除されるが、遊技機メーカー各社は誓約書の提出の有無をホームページで常時確認しており、リストに掲載のないホールとの取引には慎重な姿勢を示している。


機構による立入は07年4月の開始から丸3年が経過、今年度から4年目に入っているが、これまでに機構検査員に対する暴力事案は昨年発生した1件が確認されている。過去3年間の立入件数は07年度767件、08年度2995件、09年度4449件で推移している。



誓約書を提出しているにも関わらず拒否するということは虚偽に値する訳で・・・まぁ当然といえば当然な内容でしょうか。





LINEで送る

常時山本の覆面調査

店舗にいると何が良くて何が悪いのか分からなくなる時があります。そんな時は第三者の視点で観る事も必要です。

①競合店と比べると自店はどうなのか。
②自店の強みは何なのか。
③不正はされていないか。

などなど、改善する事で全体のパフォーマンスを上げ支持率へと繋げましょう。

常時山本の覆面調査については、こちらからお気軽に問合せ下さい。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージはこちら

関連記事



  1. 以前、近所のホールで立ち入り検査してるのを見たことありますよ


    黄色い腕章をつけたおじさん三人組が台の中を写真撮ったり店員と話してましたよ


    てっきりゴトにでもあったのかと思いましたよ



  2. >ちぇりぃさん

    ちぇりぃ様、コメント有難うございます。

    ゴトですと、警察官が来るので一目瞭然ですね^^

  1. この記事へのトラックバックはありません。

株式会社エコネット様

株式会社エコネット様

パチンコ転職ナビ様

パチンコ転職ナビ様

株式会社TABEO(タベオ)

P・S店専門ホームページ制作会社様

広告募集中!

広告募集中!

読者になる

RSSでブログを購読

アクセスカウンター

  • 10443昨日の閲覧数:
  • 218872月別閲覧数:
  • 12現在オンライン中の人数:

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

Twitter

最新の記事

アーカイブ