~透明感のあるパチンコ業界へ~

menu

常時山本

景品持ち帰り推進運動

皆様、こんにちは。

 

まだお正月ですかね^^; お店は年中無休ですよ~!!

 

■京遊協が今年も「景品持ち帰り推進運動」を実施

 

京都府遊協は昨年に引き続き、組合加盟179店舗が参加する「景品持ち帰り推進運動」を12月16日からスタートさせた。期間は1月14日までの30日間。偏りのない賞品の持ち帰りを促進することが目的だという。各店舗では、賞品を手に取りやすいようなディスプレイを施したほか、組合が作成したポスターで来店客にピーアールした。

5363181e0dc2d7b3adaa4c1fc2eb46c5

同組合では、「お客様に手軽で安く遊技を楽しんでいただき、遊技の結果、賞品を選ぶ楽しみも提供できるよう、長年業界として賞品取り揃えの充実に取り組んできた。しかし、お客様が偏ることなく賞品の持ち帰りを促進するためには、お客様に関心をもっていただくためのさらなる取り組みが必要」との考えから、クリスマスやお正月など季節感のある賞品が出やすい年末から年始にかけてオリジナル賞品を制作。京都府遊技業景品納入業者会(遊景会)の協力で、お菓子セットとおつまみセットの2種類(1袋1,000円)を用意した。

 

f261ee76dd4af09a36d3c143ff2b9ba7-350x262

 

by 遊技通信

 

こういった活動は良いですね。 金額は3つほど用意して(500円・1,000円・2,000円)お客様が選択できると良いかもしれない。

 

セットにすることで多少のお得感が出れば手に取って見てもらえるだけでも違うでしょう。

 

まぁユーザー視点で考えると景品を持ち帰る時って、大勝ちした時か、貯玉が沢山ある時かな!? 負けている時は考えられない。 負けた時でも持ち買って欲しいならば端玉の金額(特殊景品の最小未満)まで下げるしかない。

 

LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

パチンコ転職ナビ様

売り場プロモーション診断士検定

ユニバカ×サミフェス2018

広告募集中

RSSでブログを購読

読者になる

最新の記事

アーカイブ