~透明感のあるパチンコ業界へ~

menu

常時山本

皆様、こんばんは。

 

これは全日(ホール側だけ)で決めた内容であって、メーカーや警察は!?

 

■高射幸性パチスロ機の設置比率15%以下の期日延期

 

全日遊連は11月14日、全国理事会後に記者会見を行い、来年1月31日までに高射幸性回胴式遊技機の設置比率を15%以下とする自主規制を延期すると発表した。

 

延期の経緯については、6号機の型式試験の適合状況が思わしくないことから市場供給の見通しが立たず、価格の高騰が相次ぐ中古機の購入を組合員に強いることになれば、期日を1月31日までと定めていた場合、経営的に苦しいホール企業が「組合脱退」や「廃業」に追い込まれる可能性があることから協議し、決議に至ったとしている。

 

なお、延期の明確な期間は現段階では設けておらず、6号機の市場への供給状況をみて検討するとした。

 

by グリーンべると

 

はぁ? 明確な期間は設けてない? 業界の悪しき習慣だわ! 業界にはいるけど業界外からの目を気にしないのかね。 客観的に見てどうかって。

 

だいたい、この文書が先週に某県で出回ったんだけど・・・

IMG_0826

 ※これは全国理事会(11/14)で使用するレジュメ的なもの

 

それを全日の会議(11/9)で議事録的に書いた人間が某県の理事長の知らないところで県内ホールへ通達を出したらしい… しかも日付は全国理事会(11/14)の日になってるしw

 

 

今回の撤去へ向けて機械を用意していたホールもあったり、対策を練っていたホールもあって結局無駄なコストを掛けてしまった訳。。。

 

LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

パチンコ転職ナビ様

売り場プロモーション診断士検定

デザイン定期便

広告募集中

RSSでブログを購読

読者になる

最新の記事

アーカイブ