~透明感のあるパチンコ業界へ~

menu

常時山本

皆様、こんにちは。


今期は2100台の新規店舗を出店計画中。


愛知、岐阜の両県でチェーン展開する善都(愛知県豊田市、都筑善雄社長)は4月3日、第27期となる2013年12月期(13年1月~12月)決算を発表した。


売上高は過去最高となる1745億2000万円(前年比108.3%)を計上し、営業利益68億3400万円(同107.8%)、経常利益62億6600万円(同103.2%)の増収増益となった。同期末の店舗数は22店、遊技台数は1万6815台。


2012年12月の「市ノ坪店」(1012台)、13年4月の「各務原店」(808台)の新規オープンに加え、「上地店」の大幅リニューアル、「猪高店」の建て替えに向けた休業、「赤塚店」の閉店(12月末)など、スクラップ&ビルドを推進したことなどが奏功した。


28期は、日本最大級となる設置台数2100台の「名古屋北店」の新規オープンや、「猪高店」の大規模リニューアルなどを予定しており、業績では売上高1856億3200万円を見込む。


都筑社長は、「社長に就任した昨年は『FLY!ZENT~アイデアぶっ飛び!~』をスローガンに掲げ、取り組んできた。本年は日本最大級の店舗に挑戦するなど、さらに進化する想いから、スローガンを『FLY!ZENT~チャレンジ全開~』とした。社内外に広く浸透させ、発展させていきたい」と強調した。


あわせて、4月1日からの新体制を発表した。取締役に営業本部長を加え、営業のトップとして店舗運営の指揮にあたらせる。また執行役員制を導入し、よりスピーディな意思決定と実行ができる体制を目指す。執行役員は4名となる。


by グリーンべると



どこのチェーン店舗もそうですが、新規出店以前に既存店舗の立て直しは考えているのでしょうかね。


所謂、考え方は新台の高回転率と一緒か!?


玉を出すよりも新台を回転させた方が客数を維持、プラスへ転じることが可能という検証ができている企業もありますからね。


またスクラップアンドビルドも視野に入ってのことなのでしょうが・・・





LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

パチンコ転職ナビ様

売り場プロモーション診断士検定

ユニバカ×サミフェス2018

広告募集中

RSSでブログを購読

読者になる

最新の記事

アーカイブ