~透明感のあるパチンコ業界へ~

menu

常時山本

皆様、こんばんは。

 

そりゃあ、MAしてるからね。。。

 

■NEXUSが増収減益、売上高は2,488億円

 

群馬県を中心に《D’ステーション》を展開するNEXUS(高崎市、齊藤人志取締役社長)は10月10日、2018年6月期の決算を発表した。売上高は前年比102.6%の2,488億円、営業利益は前年比45.5%の38億円だった。

 

売上高は6店舗の新規出店と2店舗の大規模改修で増収となり、営業利益は費用増加により減益となった。同社では、「遊技人口減少のため収益を維持することが難しくなっているが、増客施策と効率的な運営で、その影響を最小限に抑えることができた」としている。

 

2019年6月期は、《D’ステーション神栖店》(茨城県神栖市)をはじめ数店舗の新規出店により、売上高2,600億円、営業利益60億円を見込んでいる。

 

また、2017年11月に長崎県佐世保市の株式会社パラダイスを子会社とし、12店舗をD’ステーションとして出店。17年11月初旬から12月下旬まで改装期間として休業したこともあり、パラダイスの18年3月期の売上高は439億円(前年比92.6%)となった。19年3月期は売上高600億円を見込んでいる。

 

前期はグループ合計で2,928億円の売上高となり、今期はグループ合計で3,200億円の売上高を見込む。

 

by グリーンべると

 

それにしても来年の売上計画って立てづらいですよね。。。

 

スロット売上の内訳として高射幸機が半分になる分、そのまま減少するイメージしか考えられない。 その一部をパチンコで補おうと計画するけど気合だけでは上がらない。 理想論で数値を提出して乖離してもマズいし、難しい。。。

 

代替機の6号機がこんな状況だし、どうしましょw

 

LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

パチンコ転職ナビ様

売り場プロモーション診断士検定

デザイン定期便

ユニバカ×サミフェス2018

RSSでブログを購読

読者になる

最新の記事

アーカイブ