~透明感のあるパチンコ業界へ~

menu

常時山本

受動喫煙防止法案

皆様、こんばんは。

 

先日、発表されてましたね。。。

 

■日遊協、受動喫煙防止法案の状況を説明

 

日遊協の堀内専務理事は3月15日の記者会見で、3月9日に閣議決定され、今国会に提出されている受動喫煙防止法案(健康増進法の一部を改正する法律案)について、「今の案ではパチンコの場合は、飲食店と同じで、原則屋内禁煙となる。喫煙専用室を設ければ、そこではタバコが吸えるが、パチンコしながらタバコは吸えない」と状況を説明した。

 

一方、加熱式タバコについては、「加熱式タバコ専用の喫煙室を設ければそこではパチンコをしながらでも加熱式タバコは吸える。飲食店では飲みながら(加熱式タバコが)吸えるので、パチンコも同じようになると思う。ただし、加熱式タバコ専用の喫煙室がどういう構造なのか、これから厚生労働省の省令で決めるらしい。そこはまだはっきりせず、流動的な部分はある」と補足した。

 

飲食店では客席面積100平方メートル以下の場合は、喫煙か分煙の掲示をすれば喫煙できる内容となっていることに対し、「パチンコ店で100平方メートル以下はないだろう」とし、パチンコには当てあてはまらないとの認識を示した。

 

専用喫煙室をつくるにあたっての補助金などの支援措置については、「業界にも規定されるような働きかけは全日遊連とも相談ながらやっていきたい」と述べた。 政府では受動喫煙防止対策について2020年4月1日からの全面施行を目指している。

 

by グリーンべると

 

ますます喫煙所が減るって事は止める方も少しずつ増えるのだろうけど、すぐには止められない。。。

 

駅前型だと大型店舗以外は喫煙室を設置しない店舗もあるでしょう。 郊外型だと車で来ていれば車内に戻って吸うことが出来る。 店舗に無いなら無いで自宅に帰って吸うって人もいるハズ。 勿論店舗から自宅が近ければの話。 台を確保しながら休憩を取ることが出来るけど、自ずと休憩する人が増え、同時に休憩頻度も増えてくるのだろうなと。

 

いずれにしても客滞に影響してくる。

 

単純に喫煙を止めて頂ければ良いだけの話なんですけどね^^;

 

LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

株式会社エコネット様

株式会社エコネット様

パチンコ転職ナビ様

新台ポスターデザイン定期便様

RSSでブログを購読

読者になる

カレンダー

2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

最新の記事

アーカイブ