~透明感のあるパチンコ業界へ~

menu

常時山本

リース会社破産

皆様、こんばんは。

 

昨日のニュースですが。。。

 

■「パチスロ出資で4%配当」48億集め業者破産

 

パチスロ台のオーナーになれば、パチンコ店からレンタル料が得られるとして、全国から約48億円の出資金を集めた東京都内のリース会社が破産していたことがわかった。

 

 

出資者は高齢者ら約1200人にのぼる。破産管財人の調査などでは、2万台以上あるはずのパチスロ台が約630台しかなく、大阪府内の女性2人が22日、元社長らについて詐欺容疑で府警に告訴状を提出した。

 

リース会社は、東京都港区の「WARIKAN」(ワリカン)。2016年2月、東京地裁から破産手続き開始決定を受け、今年9月に破産した。

 

告訴状によると、府内に住む70歳代の女性2人は12~14年、同社側から「年に出資額の4%のレンタル料が入る」と勧誘されてオーナーになったのに、十分な配当を得られず、出資金約4300万円をだまし取られたとしている。

 

by 読売新聞

 

当時何となくこれを聞いていて可笑しいと思っていたんですよね。

 

詐欺はどの業界にもあるけどこれは印象悪いわw 良くも悪くも当業界はニュースにならないのが一番。 「寄付しました」って言ってもお客様から頂いた利益を寄付している訳で、それで社会貢献していると言ってもなんだかね。。。

 

だったらお客様へ還元した方が良いに決まってる!!

 

LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

パチンコ転職ナビ様

新台ポスターデザイン定期便様

グローバルアミューズメント㈱

パチンコ専門WEB制作

RSSでブログを購読

読者になる

最新の記事

アーカイブ