~透明感のあるパチンコ業界へ~

menu

常時山本

皆様、こんばんは。

 

徐々にではあるけど導入が進んでますね。。。

 

日遊協の会報誌11月発行号によると、「ちょいパチ」のテスト導入店舗は10月7日時点で全国538店舗(320法人)となった。導入台数は5,391台。

 

「ちょいパチ」は大当たり確率1/40以上、ヘソの賞球5個以上の「手軽に遊べる遊技機」をコンセプトに開発されたもの。今年6月20日からテスト導入がはじまり、10月7日時点で、第4弾まで16機種(13メーカー)が発売された。テスト導入の条件は、1機種2台以上、合計8台以上、4円貸玉コーナーに導入、コーナー化で運用——などとなっている。

 

また、同会報誌ではホール向けアンケート結果などから、ちょいパチの高アウト店舗と低アウト店舗の傾向などを報告。

 

「4円平均アウト」より「ちょいパチ平均アウト」のほうが高い「高アウト店舗」は、(1)同一機種を連続して配置、(2)コの字型(背中合わせ)に配置、(3)遊パチコーナーの一角、1円パチンココーナーに隣接、(4)中央通路側に面する等、客動線からの視認性が良い場所に設置、(5)定期的に新機種(第3、4弾)を導入——等の傾向が見られたという。

 

一方、「低アウト店舗」の場合は、(1)機種をバラバラに配置、(2)遊パチコーナー、1円パチンココーナーから離れて配置、(3)死に島等、客動線からの視認性が悪い場所に設置、(4)初期導入(第1、2弾)のみで導入が停止——等の傾向が見られた。

 

ユーザーの年齢では圧倒的に高年齢層が多いという。

 

by グリーンべると

 

各メーカーで注文できるようにはなってきてるし、スペックも少しずつ良くなっているので検討の余地ありかと。

 

img_0743

 

LINEで送る

常時山本の覆面調査

店舗にいると何が良くて何が悪いのか分からなくなる時があります。そんな時は第三者の視点で観る事も必要です。

①競合店と比べると自店はどうなのか。
②自店の強みは何なのか。
③不正はされていないか。

などなど、改善する事で全体のパフォーマンスを上げ支持率へと繋げましょう。

常時山本の覆面調査については、こちらからお気軽に問合せ下さい。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージはこちら

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

株式会社エコネット様

株式会社エコネット様

パチンコ転職ナビ様

パチンコ転職ナビ様

株式会社TABEO(タベオ)

P・S店専門ホームページ制作会社様

広告募集中!

広告募集中!

読者になる

RSSでブログを購読

アクセスカウンター

  • 8765昨日の閲覧数:
  • 187539月別閲覧数:
  • 6現在オンライン中の人数:

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

Twitter

最新の記事

アーカイブ