~透明感のあるパチンコ業界へ~

menu

常時山本

皆様、おはようございます。


何だか加盟企業が増えてますね。


ホール企業を第三者の立場で監視・調査しているパチンコ・トラスティ・ボード(PTB)は、このほど新規社員企業として長崎県の王蔵㈱(ケイズグループ 本社・長崎県長崎市・山本勝也代表取締役)が入会したと発表した。PTB加入の社員企業は㈱ダイナム、夢コーポレーション㈱、㈱ニラク、㈱アメニティーズ、㈱パラッツォ東京プラザに続いて6社目。来年度以降「PTB評価調査」を通じて、他の社員会社とともに株式上場を目指していくという。


同社は昭和59年4月に設立。九州、関東、関西で20店舗のホールを経営。資本金は5000万円。平成26年3月期の業績はグループ合算で売上高581億3137万円を計上を計上している。


なお、PTBへの基金拠出額は100万円、基金の総額は4300万円となっている。


by 遊技通信



上場して資金調達しないと後がないと見切ったか!





LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

パチンコ転職ナビ様

新台ポスターデザイン定期便様

グローバルアミューズメント㈱

パチンコ専門WEB制作

RSSでブログを購読

読者になる

最新の記事

アーカイブ