~透明感のあるパチンコ業界へ~

menu

常時山本

PS設置台数増加

皆様、こんにちは。


設置台数はパチンコが減少傾向だったが、ここにきてスロットと共に増加傾向だそうです。


全日遊連に加盟する1月末現在の全国ホール数(営業店舗数)が前月末比5店舗減の1万948店舗で推移していたことが報告された。前年同月末比では222店舗(2.0%)の減少となる。


前月12月は年末年始商戦を追い風に、8ヶ月ぶりに加盟店舗数は増えた。増え幅は18店舗だった。ただ前年12月の増加数(22店舗)との比較では4店舗の減少だ。


2013年中に前月末比で店舗数が増えたのは4月(4店舗増)と12月(18店舗増)の2回。2012年中は1月(18店舗増)と12月(22店舗増)の2回だった。増えた月の回数はともに2回だったが、12年が年始1月と年末12月および年末年始商戦に偏る傾向にあったのに対し、13年はGW商戦を意識した4月に分散した。


一方、今年1月末現在のパチンコの設置台数は前月末比1986台増の276万1076台。パチスロ設置台数は同2882台増の148万2689台で推移している。パチンコの増加は2ヶ月連続。パチスロは3ヶ月連続の増加となっており、2ヶ月連続でパチンコ・パチスロともに設置台数は増えた。1月にパチンコ・パチスロがともに増えるのは4年連続。


by グリーンべると



偉そうに言うつもりはないが業界は行政に生かされているという事に気付かなくてはならない。


遊技人口が減少し続けているのに設置台数が増えたって何も解決しない。 まぁ低玉貸を推奨しているので、この比率が増える分には目を瞑ってくれそうだが。





LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

パチンコ転職ナビ様

売り場プロモーション診断士検定

デザイン定期便

広告募集中

RSSでブログを購読

読者になる

最新の記事

アーカイブ