~透明感のあるパチンコ業界へ~

menu

常時山本

5.1号機時代突入!?

皆様、おはようございます。


早速、標記の件といきましょう。

警察庁は、日電協および日工組メーカーに対し、保通協型式試験申請を

行うパチスロ機に、RT仕様に関する説明書類添付の義務付けを通知した

模様。


8月1日以降の保通協持ち込み分から適応される。これは、RTパンク役を

自力で回避し、RTを延命させる機能をはじめ、現在多くの機種で採用されて

いる様々なRTの活用に事実上の制限を加えるものとなりそうだ。


一方、パチスロ市場の現状は、5号機への移行でハードクラッシュしており、

今回の規制も加われば、市場混迷の度合いは深まるばかりだ。。。

とはいっても、RT機で生き残っている機種って限られているわけで・・・

確かに5号機時代になって生きてくる機種もあるだろう。その機種を9月末

までに見極め増台できたホールが勝ち組となりそうだ。


ホールとしては、2段階の資金が必要となる。

①4号機の順次撤去 ⇒ ここで資金が尽きては客数が伸びてこない。

                このあとはパチンコの入替に注力するホールが

                多いだろう。

②メイン機種の確保 ⇒ お客様を確保するための機種構成の確立。


いずれにしても相当な資金が必要だ(T_T)

これは、ホールは勿論だがお客様にも同じ事がいえるのだ・・・





LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

パチンコ転職ナビ様

新台ポスターデザイン定期便様

P-SENSOR様

パチンコ専門WEB制作

RSSでブログを購読

読者になる

最新の記事

アーカイブ