~透明感のあるパチンコ業界へ~

menu

常時山本

皆様、こんばんは。

 

先月の適合状況です。。。

 

■パチスロ適合率が2カ月連続で悪化、再び10%台に突入

 

保通協が10月1日に発表した令和元年9月の型式試験状況によれば、パチスロ機の適合率は前月比3.1ポイント減となる約19.4%と、5カ月ぶりの10%台へと落ち込んだ。

 

一方、パチンコ機の適合率は、前月比4.1ポイント減の約46.5%と微減している。また、6月に持ち込まれたじやん球1型式が不適合となっている。

 

なお、令和元年9月の型式試験状況は以下の通り。

◯パチンコ 受理件数73件、結果書交付71件、適合33件、不適合38件

◯回胴 受理件数80件、結果書交付67件、適合13件、不適合54件

◯じやん球 結果書交付1件、不適合1件

 

by 遊技通信

 

12月の新台が供給不足で、止むを得ず中古導入せざるを得ない安価な機種がいくつかあって、徐々に高騰中。

 

その後押しもあって新台はほぼ完売状態!?

 

LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


パチンコ転職ナビ様

売り場検定

喫煙環境のルール

広告募集中

RSSでブログを購読

読者になる

最新の記事

アーカイブ