~透明感のあるパチンコ業界へ~

menu

常時山本

違法ダウンロード刑事罰

皆様、お疲れ様です。

昨日より施行されました「改正著作権法」ですが、業界関係者は特に関わりが深いと思いますのでアップしておきたいと思います。

CNN)インターネット配信の音楽や映画を違法と知りながらダウンロードした人に最大で懲役2年、罰金200万円を科す日本の改正著作権法が、1日から施行された。

日本は米国に次ぐ世界第2位の音楽市場だが、配信サイトからのダウンロードのうち、合法的な購入はわずか1割にすぎないと推定されている。
海賊版の配信を巡っては米国と欧州連合(EU)でも対策法が検討されたが、いずれも個人の自由やプライバシーの侵害だとして反発を呼んでいる。

国際レコード産業連盟(IFPI)が発表した調査報告によると、世界のデジタル音楽の売り上げは昨年520億ドルに上り、前年から8%の伸びを示した。一方、日本レコード協会によれば、国内の音楽配信市場は昨年16%減と、2年連続で縮小した。

日本の音楽業界が目標とするのは、2007年から違法ダウンロードの取り締まりに乗り出した韓国のケースだ。韓国の法律はネットのプロバイダーに、違法ダウンロードをしたユーザーへの警告を義務付けている。初回の警告で7割が違法行為を中止するといった効果が上がっているという。

一方、規制が最も難しいとされるのは中国の市場だ。中国でダウンロードされる音楽の99%が違法だと、IFPIは指摘する。ネットユーザーの人数は米国の2倍近くに達する一方で、ユーザー1人当たりのデジタル音楽の収益は米国の100分の1前後にとどまっているという。



という訳で・・・今後販権が絡む機種の動画のアップからブログへの転載など避けなくてはならず、記事として微妙な形になりそうです。。。



LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

パチンコ転職ナビ様

新台ポスターデザイン定期便様

グローバルアミューズメント㈱

パチンコ専門WEB制作

RSSでブログを購読

読者になる

最新の記事

アーカイブ