~透明感のあるパチンコ業界へ~

menu

常時山本

遊技機性能調査

皆様、こんばんは。

 

良い結果が得られたようですね。。。

 

遊技産業健全化推進機構は6月23日、2015年6月から開始していた「遊技機性能調査」の2年(24ヶ月)分の調査結果を公表。一般入賞口への入賞が確認されたぱちんこ遊技機の割合が今年1月に調査開始から初めて100%を記録。直近5月まで5ヶ月連続で100%を更新していたことを報告した。

 

前回公表は昨年12月。当時は「検定機と性能が異なる可能性のあるぱちんこ遊技機」の撤去期限に区切られた前月11月までの18ヶ月分の調査結果が公表されたが、それまでに100%は一度も報告されなかった。撤去に伴って100%に移行した形だ。

 

Print ※一般入賞口への入賞が確認されたぱちんこ遊技機の割合が今年1月に調査開始から初めて100%を記録。直近5月まで5ヶ月連続で100%を更新している。

 

24ヶ月累計の有効調査台数は全国51都府県方面(延べ266)1,356店舗(18ヶ月累計比165店舗増)の2,210台(同293台増)。打ち出し球数の平均は3,028個(同37個増)、一般入賞口への入賞が確認された遊技機の台数は1,517台(同288台増)で、その割合は68.6%(同4.5ポイント増)となっている。

 

一般入賞口への入賞確認は1台において大当たり等を挟まず、2,000個以上の打ち出しが確認できた調査のみ有効。

 

by グリーンべると

 

結果の通りで打っていても入らない店舗は記憶にない。

 

たまに同業らしからぬ人が1000円スタートを計っているのを見掛ける^^;

 

まぁ2次商圏や同レートの競合調査かもしれないけど、それだともっと若い連中だと思うんだよねw

 

LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

パチンコ転職ナビ様

新台ポスターデザイン定期便様

P-SENSOR様

パチンコ専門WEB制作

RSSでブログを購読

読者になる

最新の記事

アーカイブ