~透明感のあるパチンコ業界へ~

menu

常時山本

遊技人口は横ばい!?

皆様、おはようございます。

 

某データの全体数値は横ばいだとしても中身はどうなのか!?

 

グローバルアミューズメントは4月22日、3万人を対象に調査した「パチンコ・パチスロ参加人口調査2016年版」の調査結果を業界メディアに発表した。

 

同調査における参加人口の定義は「3ヶ月に1回以上打つユーザー」。これに加え、頻度はそれ以下だが1年に1回程度は打つユーザーを「ご無沙汰ユーザー」、過去に遊技経験があり、機会があればまた遊技したいと答えた層を「休眠層」と定義。これらを含めた人口を「遊技ポテンシャル」と呼んでいる。

 

調査はパチンコ・パチスロ別に行っており、2016年3月の調査時点で、参加人口はパチンコが981.1万人(前年比10万人減)、パチスロ709.6万人(同0.9万人減)、パチンコ・パチスロユーザーそれぞれの重複率(両方打つか否か)を考慮した全体の参加人口は、1035.4万人(同10万人減)と算出された。

 

参加人口はパチンコが微減、パチスロがほぼ横ばい、全体的に見てもほぼ横ばいとなった。ただし、ご無沙汰ユーザーおよび休眠層の減少率が参加人口の減少率を大きく超えており、「パチンコ・パチンコから遠ざかった人の更なるパチンコ・パチスロ離れ」が顕著に表れている。

 

これに対し調査結果を発表したグローバルアミューズメントの青山真将樹代表は、「打たない期間が長くなるほど、興味を失っていく。長期間離れられないための施策が参加人口減少の食い止めには欠かせない」と危機感を強調。

 

「現役層の欲求は高射幸性を向くように見えるが、ファンが離れていく大きな要因は金銭的な問題。だから現在の射幸性抑制の流れは、大局的には間違っていないはずだ。イメージ的には315分の1の機械が主流だった頃のバランスがいい」などと状況を分析した。

 

by グリーンべると

 

色々な視点から観ることが大事ですね。 ※マクロとミクロ

 

来店頻度が低いユーザーの客離れ。 はたまた時間があるユーザーの打込みが上がる。 実態としては客数減の客単価増と体感している。 それに週に4、5日来店する人には関心してしまう。 よくお金が続くなと。

 

あ、前から言いたかった事が。。。

 

よく「4倍遊べる1円パチンコ」って告知している店舗ありますよね!?

 

回してみると45~50回/Kと4円と同等には回らない。 4倍遊べないけど! 千円スタートで言えば4回代。 店舗側からしたら4円に設置しても動かないから1円で動かし粗利を確保ってのが本音。 そりゃ1円の稼働も落ちるよね・・・何かに特化して強みをつくって欲しい。。。

 

LINEで送る

常時山本の覆面調査

店舗にいると何が良くて何が悪いのか分からなくなる時があります。そんな時は第三者の視点で観る事も必要です。

①競合店と比べると自店はどうなのか。
②自店の強みは何なのか。
③不正はされていないか。

などなど、改善する事で全体のパフォーマンスを上げ支持率へと繋げましょう。

常時山本の覆面調査については、こちらからお気軽に問合せ下さい。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージはこちら

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

株式会社エコネット様

株式会社エコネット様

パチンコ転職ナビ様

パチンコ転職ナビ様

株式会社TABEO(タベオ)

P・S店専門ホームページ制作会社様

広告募集中!

広告募集中!

読者になる

RSSでブログを購読

アクセスカウンター

  • 8858昨日の閲覧数:
  • 179454月別閲覧数:
  • 24現在オンライン中の人数:

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

Twitter

最新の記事

アーカイブ