~透明感のあるパチンコ業界へ~

menu

常時山本

賄賂問題を調査

皆様、こんにちは。

先日の「フィリピンのカジノ計画で不正資金の疑い」では米当局が動き、今回はフィリピン当局まで動き始めたようですね。

[東京/マニラ 19日 ロイター] パチスロ機メーカーのユニバーサルエンターテインメント(6425.OS: 株価, ニュース, レポート)がマニラで建設している巨大カジノリゾートをめぐり、同社の岡田和生会長が経営する子会社がフィリピンのカジノ規制当局首脳の側近に多額の賄賂を贈ったとされる問題で、アキノ大統領のスポークスマンは19日、フィリピンの当局が捜査を開始する方針だと明らかにした。

アキノ大統領のスポークスマン、エドウィン・ラシエルダ氏は、記者団に「賄賂を通じて(カジノの)ライセンスを取得したことを示す証拠があれば、契約の破棄を検討する理由になる」とした上で、「そうした行為が受け入れられないのは明らかだ。しかし、それには適切なプロセスを経なくてはならない」と語り、司法省が捜査を要請されたと明らかにした。

ロイターは16日、ユニバーサルの子会社が2010年5月に、フィリピンでカジノ事業を監督するフィリピン娯楽賭博公社(PAGCOR)のヘニュイーノ会長(当時)の側近で、公社のコンサルタントを務めていたロドルフォ・ソリアーノ氏に賄賂を支払ったと伝えていた。

これを受け、19日の東京市場ではユニバーサル株が11%下落し、9カ月ぶり安値をつけた。

ユニバーサルのスポークスマンは、現時点でコメントすることはないとしている。

PAGCORは19日にこの問題について声明を発表し、ロイターの報道には「重大な問題」が含まれていると指摘、捜査当局に対し「伝えられている賄賂問題について全容を明らかにする」よう求めた。また、フィリピン当局は米連邦捜査局(FBI)と協力すべきだとの考えを示した。

一方、フィリピン政府に対してユニバーサルのカジノ開発プロジェクト中止を求めている国会議員は、議会でこの問題に関する公聴会を開催するよう求めた。

by ロイター



多方面で問題が絶えないですねw 真相は如何に・・・!?



LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

パチンコ転職ナビ様

新台ポスターデザイン定期便様

グローバルアミューズメント㈱

売り場プロモーション診断士検定

RSSでブログを購読

読者になる

最新の記事

アーカイブ