~透明感のあるパチンコ業界へ~

menu

常時山本

認定申請の注意事項

皆様、こんにちは。

 

まだまだピンと来ていない店舗も多いようで。。。

 

■回胴遊商が組合員に認定申請の注意事項を通達■

 

回胴遊商では来年2月1日に施行される規則改正を前に行われる検定機の認定申請について、注意事項等を組合員に文書にて通達した。

 

文書では通常、書類提出(受付)日から5営業日で打刻書類を発給しているが、既に1日で処理できる許容範囲を大幅に超える量(中古移動:通常の約2.5 倍、認定申請:5 倍程度)になっていることから、5営業日での発給が困難になっている状況であり、10月25日以降に組合へ提出された認定申請書類は、地区によっては、打刻書類の発給が大幅に遅延(最長10 営業日)する可能性があるとしている。

 

また、組合への発給日の問い合わせは、発給業務の停滞に繋がるため、機歴管理システムの進捗確認画面で確認するように呼びかけている。

 

注意事項として、

①来年1月は、所轄警察署及び都道府県警察本部での事務作業期間として考慮する必要があるため、組合への打刻申請は、12月中旬までに行うことと、取引ホールと認定申請する機種・申請時期等を確認し、スケジュール調整を行うこと。

 

②認定申請時期等は、各都道府県警察本部(公安委員会)と各遊協において調整するため、取引ホールに所在地区の手続き状況の確認を行うこと。

 

③所轄警察署に認定申請書類を提出した後、当該申請の遊技機が故障等により部品交換が生じた場合や、やむを得ずホールから移動・撤去する場合、認定申請書類を作成した組合員は、速やかにその内容を組合に報告すること。

などを通達した。

 

by グリーンべると

 

まず考えるべきは所轄へ認定申請する日がいつになるか?ってところ。

 

所轄と組合の関係が良好なところは申請まで余裕がありそうだ。 しかしその逆もあって、最悪11月中旬までに提出しなくてはならない所轄もある。 つまり今から動いてギリギリ間に合うかどうかってところ。

 

まずは申請日を基点として、逆算していくといつまでに動けば良いかが分かってくる。 不明な方は業者(中古販社)様へ問合せ下さい^^;

 

 

当然ながら前倒し認定はしないって店舗は関係無い話なので^^;

 

まぁゼロって店舗は無いと思うんだよね。 例えば沖海4BOX導入していて、沖海4の検定が切れる日(2019年9月19日)辺りに必ずしも海物語が販売されるとは限らない。 当然メーカーはそれに向けて動くのだろうけど適合するかどうかは別の話。 残りの1年5ヶ月はどう対応するのか?って話。

 

色々考えていくとBOXって概念が崩壊すると思う。 認定を取ったところで部品を出さないメーカーがあるから1台ずつ減っていく可能性もある訳で・・・

 

LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

株式会社エコネット様

株式会社エコネット様

パチンコ転職ナビ様

新台ポスターデザイン定期便様

RSSでブログを購読

読者になる

カレンダー

2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

最新の記事

アーカイブ