~透明感のあるパチンコ業界へ~

menu

常時山本

補償問題は平行線

皆様、こんばんは。

 

今回の撤去問題に関しては、あまり言いたくはないけどユーザーとホールだけが損をしている。。。

 

全日遊連は9月16日、都内新橋の第一ホテルで全国理事会を開催し、理事会後の記者会見で、第3次回収リスト掲載機における日工組との補償問題を巡る議論が、依然として平行線を辿っていることを明らかにした。

 

会見で阿部恭久理事長は、「今後は個社対応と言われるが、そうなるとどこもやらないということになりかねない」と懸念を表すとともに、「メーカーは売った時点で利益が確定するが、ホールはそうはいかない」と利益構造の違いを強調。今後も交渉を継続していく意向を示した。

 

一方、第1次および第2次リストに記載された遊技機の撤去状況については、99%超が外されたとし、月内には最終的な撤去状況が取りまとめられることが分かった。

 

さらに今後は、年末が期限となる第3次回収リスト掲載機の撤去をより推し進めるため、現在の7団体連絡会議に日電協と回胴遊商を加え、9団体が参加する連絡会議に発展させる方針だという。

 

by 遊技通信

 

メーカーは販売単価を上げたりダッキーで目標売上へ近づけることが可能。

 

店舗はそうはいかない。 機械代を回収するために 『台粗利を上げる ⇒ ユーザーは回らないからつまらない ⇒ 打たなくなる ⇒ 機械代が回収できない』 と悪循環。

 

じゃあ、どうするか!?

 

4Pでは打ってもらえないから1Pへ新台を導入して台粗利を稼ごうと考えているから回らない店舗が多い。 50回/Kを下回る店舗がチラホラ。

 

これでは打てない。 つまり遊技人口が減るに決まってる。。。

 

LINEで送る

関連記事

    • 2016年 9月 22日

    新台買わなきゃいいんだよ。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

株式会社エコネット様

株式会社エコネット様

パチンコ転職ナビ様

パチンコ転職ナビ様

株式会社TABEO(タベオ)

P・S店専門ホームページ制作会社様

広告募集中!

広告募集中!

読者になる

RSSでブログを購読

アクセスカウンター

  • 9121昨日の閲覧数:
  • 237060月別閲覧数:
  • 39現在オンライン中の人数:

カレンダー

2017年3月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

Twitter

最新の記事

アーカイブ