~透明感のあるパチンコ業界へ~

menu

常時山本

皆様、こんにちは。

西の方では大きなチェーン店に入りますが。。。

趣味はゴルフと金儲け…在日韓国人界の“重鎮”信組前理事長の裏の顔は「ソープ王」だった

江戸時代の遊郭の流れをくむ東京・吉原で最大級のソープランド店グループを陰で牛耳っていたのは、在日韓国人界の大物だった。グループが売春で得た売上金の一部を受け取っていたとして、警視庁保安課は今月、組織犯罪処罰法違反(犯罪収益収受)容疑で、名古屋市名東区、信用組合愛知商銀前理事長、権東鉉容疑者(76)ら韓国籍の3人を逮捕した。周囲に「趣味はゴルフと金もうけ」とうそぶいていたという権容疑者。パチンコ店グループの創業者として成り上がり、金融機関での表の顔を隠れみのに風俗界の裏側にも手を広げていった。(荒船清太)


■パチンコ店店員から在日韓国人界の重鎮に

権容疑者の原点は、パチンコ店の一店員から経営者にまで上り詰めた約40年前にさかのぼる。

捜査関係者によると、独立開業したパチンコ店グループ「キング観光」の店舗数を中部地方で急激に拡大。その実績を買われて約20年前に愛知商銀の理事、平成12年には理事長となり、20年には在日韓国人系の信用組合を束ねる「在日韓国人信用組合協会」の会長にも就いた。

在日韓国人界の重鎮として同胞からも一目置かれる存在となり、愛知商銀の経営に携わるのと同時にパチンコ店グループの経営を親族らに譲り渡したが、“商売”への情熱が衰えることはなかった。

警視庁に組処法違反容疑で逮捕された後、捜査員に「趣味はゴルフと金もうけ」と淡々と話したという権容疑者。その目に、江戸時代から綿々と続く歓楽街、東京・吉原はいかにも魅力的に映ったに違いない。

ほかに同容疑で逮捕されたのは権容疑者の長女で同市瑞穂区、不動産会社社長、京子(54)と同市天白区、不動産会社社員、閔泳鏑(63)の両容疑者。同課によると、閔容疑者は容疑を否認し、ほかの2人は容疑を認めている。

権容疑者親子は17年と21年、閔容疑者の仲介で吉原地区のソープランド8店舗の土地と建物を計約12億円で買収。店の経営者にそのまま貸し出す形にして、家賃や管理費の名目で毎月約1700万円を受け取っていた。閔容疑者も月10万円を受け取っていたという。

一見、権容疑者らが単なる不動産経営をしているようではあるが、風俗業界の特殊な事情をくぐり抜けるための狡猾(こうかつ)なやり口だったのだ。


■ソープランド店を売春防止法違反で摘発

捜査関係者によると、ソープランド店の営業権は店舗ごとに東京都公安委員会に届けられており、表向きは合法だった。だが、いつの間にか、吉原地区の8店舗の土地や建物が権容疑者の妻や京子容疑者の会社名義で買い占められていることが発覚。同課は「風営法の趣旨を著しく逸脱している」ことを問題視し、摘発に乗り出した。

捜査関係者によると、警視庁が目を付けたのは、権容疑者らが買収したソープランド店の実質的な経営者だった。権容疑者らが手に入れた8店舗のうち7店舗は、吉原地区で最大級のソープランドグループを経営していた「オレンジグループ」のものだった。

早朝割引などで朝から行列ができるほどの人気を集めていたグループ。同課が調べたところ、運営会社の「サン・ワールドホールディングス」が売上金を一つの口座に集約し、そこから従業員の給与などを支払っていることが分かった。

複数の店舗をサン社が統括して経営していたことになるが、都公安委員会にはサン社での届け出はなかった。このため、警視庁は昨年10月、サン社会長らを売春防止法違反(売春場所提供業)で逮捕。家賃などの名目でサン社から売春の売上金の一部を受け取っていたとして、権容疑者らの逮捕にこぎつけた。


■理事長の権限で融資を実現?

なぜ、うまみのある吉原のソープランド店が権容疑者の手に渡ったのか。捜査関係者によると、サン社会長と兄との間の確執が背景にあるという。

兄は風俗業界では名の知れた人物で、吉原のソープランド店の営業権を弟であるサン社会長に譲ったが、土地と建物は別の売却先を探していた。そこに、吉原の別のソープランド店を実質的に手に入れ、甘い汁を吸っていた権容疑者が近づいたという。

捜査関係者は「兄弟の不仲に乗じて、おいしいところをさらう。権容疑者は表でも裏でももうけ話には強い」と舌を巻く。実際、権容疑者らは摘発されるまでに、買収資金約12億円のうち約7億円を回収したとみられる。

捜査関係者が驚きを隠さないのは、当時、権容疑者が理事長を務めていたとはいえ、愛知商銀が京子容疑者の会社に8億円を融資していたことだ。

捜査関係者は「普通の金融機関であれば、ソープランド店のひしめく吉原地区の物件に融資することはないだろう。理事長だった権容疑者の影響力もあって理事会を通ったのかもしれない」と指摘する。

京子容疑者とサン社との賃貸契約には、ソープランド店の営業を継続することを義務づける条項が設けられていたという。

8億円の融資であれば、愛知商銀にとっても大きな融資実績にはなる。権容疑者は、多額の負債を抱えていた愛知商銀の経営を立ち直らせた立役者としても知られていた。

「パチンコ店で成功し、信用組合を立て直しただけにとどめておけばいいのに、欲望には勝てなかったのか」。捜査関係者はこうつぶやいた。


by 産経ニュース



これは、衝撃の事実なのかもしれませんね。



LINEで送る

常時山本の覆面調査

店舗にいると何が良くて何が悪いのか分からなくなる時があります。そんな時は第三者の視点で観る事も必要です。

①競合店と比べると自店はどうなのか。
②自店の強みは何なのか。
③不正はされていないか。

などなど、改善する事で全体のパフォーマンスを上げ支持率へと繋げましょう。

常時山本の覆面調査については、こちらからお気軽に問合せ下さい。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージはこちら

関連記事



  1. その息子も若いころに名古屋を舞台に
    英会話教材の詐欺事件で世間を騒がし
    うまく逃げきった過去がありますwww

    この10年、商銀が必死に集金していた金で
    一族の私腹を肥やしていたかと思うと呆れます



  2. >チャチャさん

    詳細な情報を有難うございます^^

    そんな過去があったんですね・・・w

  1. この記事へのトラックバックはありません。

株式会社エコネット様

株式会社エコネット様

パチンコ転職ナビ様

パチンコ転職ナビ様

株式会社TABEO(タベオ)

P・S店専門ホームページ制作会社様

広告募集中!

広告募集中!

読者になる

RSSでブログを購読

アクセスカウンター

  • 9143昨日の閲覧数:
  • 211237月別閲覧数:
  • 21現在オンライン中の人数:

カレンダー

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

Twitter

最新の記事

アーカイブ