~透明感のあるパチンコ業界へ~

menu

常時山本

続々、新機種発表

皆様、お晩です。


本日は、花粉も飛び・・・黄砂も飛び・・・と、散々な一日だったような。。。



さて㌧、


以前から出ております話題3機種の納期が確定した途端、他のメーカーからの発表が相次いで行われている。 私、思うのですが、なぜ太刀打ちしようとするのですかね!?


確かに、指を加えて見てろってのは有り得ない話しだし、売上ノルマも分かる。 ただ、埋もれてしまう機種になってしまわないかという事です。 我々ホール側としては、中古で安く買えるから嬉しい限りなんですがね^^;


最近で言えば、「CR宇宙戦艦ヤマト2」「CRシティハンター」、そして「ぱちんこCR北斗の拳ST」などは話題3機種がなければ、それなりに台数が出ただろうに。。。


と考えると、例えば販売時期をミートしたが故に2万台しか売れない。 しかし、GW明けの一発目の販売にすれば5万台以上は出るコンテンツだと思いますが、皆様はどのようにお考えでしょうか!?


てなわけで、販売戦略とか本当に考えているのかが不思議でならない。。。 まぁ、メーカーの心配をしている余裕は無いのですが・・・。





LINEで送る

関連記事



  1. 同感です!
    慶次にく●台をぶつけるメーカーSの考えを聞いてみたいです。

    • 無名
    • 2009年 2月 16日



    ブツける方式も、それなりの位置に居るメーカーならばアリなのかな、…とは思う。要するに、金の量は決まっているから、他のメーカーに流れるよりはカチ合った方がマシって事でしょ。計画的に商売しているならば、一定期間で売らないと予定も狂いますからね。ただし、縮小傾向の時代ですから、販売タイミングをキッチリ選んで、最大のパフォーマンスを得られるような手法もアリだとは思うのですが。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

パチンコ転職ナビ様

売り場プロモーション診断士検定

ユニバカ×サミフェス2018

広告募集中

RSSでブログを購読

読者になる

最新の記事

アーカイブ