~透明感のあるパチンコ業界へ~

menu

常時山本

皆様、おはようございます。

 

先日某県にて文書が出ました。 以下、転記します。 ここにきてまた騒がれているので。。。

 

■規則改正に伴う経過措置について

 

来る2月1日に、風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律施工規則及び遊技機の認定及び型式の検定等に関する規則の一部を改正する規則(以下「改正規則」という。)が施行されます。

 

これにより、原則として、現行規則に適合する遊技機は施行日以降の設置が認められなくなりますが、そうするとホールにとって大きな負担や混乱が生じることになりますので、現行規則に適合する遊技機を施行日以降も営業所に設置できるようにするために改正規則に経過措置の規定が設けられています。

 

改正規則の施行を目前に控え、改めて確認をしておきたいと思いますので、お間違えのないようにお願いいたします。

 

【ホール関係】

1.施行日前に検定又は認定を受けた遊技機については、施行日以降においても検定の告示日又は認定を受けた日から3年間は設置が可能です。

 注1 検定の有効期間の満了に伴う認定申請はできません。

 注2 検定又は認定の有効期間が満了すれば継続して営業所に設置しておくことはできません。(いわゆる「みなし機」ではありませんので注意してください。)

 注3 検定又は認定の有効期間内であれば、施行日以降に新たに営業所に設置することは可能です。(認定機は、県内の同一名義のチェーン店に限る。)

 

2.施行日に現に認定申請中の遊技機については、認定を受けた日から3年間は設置が可能です。(今回、認定の日は、施行日の2月1日に統一されます。)

 注1 認定の有効期間が満了すれば継続して営業所に設置しておくことはできません。

 

【メーカー関係】

施行日に現に検定申請中の遊技機や型式試験申請中の遊技機も経過措置により公安委員会の検定を受ければ設置可能となりますので、当分の間は、現行規則に適合する遊技機が市場に供給されることになります。

 

 

ということで、再確認だけど規則改正後は規則改正前の検定及び認定期間を超えたものは「みなし機」では無いので設置不可です。

 

あとは各企業の考え方次第。。。

 

LINEで送る

常時山本の覆面調査

店舗にいると何が良くて何が悪いのか分からなくなる時があります。そんな時は第三者の視点で観る事も必要です。

①競合店と比べると自店はどうなのか。
②自店の強みは何なのか。
③不正はされていないか。

などなど、改善する事で全体のパフォーマンスを上げ支持率へと繋げましょう。

常時山本の覆面調査については、こちらからお気軽に問合せ下さい。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージはこちら

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

株式会社エコネット様

株式会社エコネット様

パチンコ転職ナビ様

パチンコ転職ナビ様

株式会社TABEO(タベオ)

P・S店専門ホームページ制作会社様

広告募集中!

広告募集中!

読者になる

RSSでブログを購読

アクセスカウンター

  • 10372昨日の閲覧数:
  • 145840月別閲覧数:
  • 25現在オンライン中の人数:

カレンダー

2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

Twitter

最新の記事

アーカイブ