~透明感のあるパチンコ業界へ~

menu

常時山本

神奈川県休業要請

皆様、再度こんにちは。


昨日の発表ですが、神奈川県も動いてますね。

神奈川県遊協が休業を含む節電対策を要請しました。


神奈川県遊技業協同組合(関根貞雄理事長)は、14日に「東日本大震災に伴う節電対策について」を組合員に発布した。 主な内容は以下の通り。


1.15日から18日までの原則休業

2.屋外広告、看板等の一切の消灯

3.営業活動上支障ない範囲内での施設、店舗内照明の節電

4.暖房温度の2度程度の設定緩和

5.テレビ広告、折り込みチラシの広告宣伝の中止


営業時間の短縮からさらに1歩踏み込んだ、休業となっているのが、大きなポイントで、県遊協では、市民感情に考慮した適正な営業活動を行うように、と要請している。



皆様もご確認をお願いいたしますm(_ _ )m





LINEで送る

関連記事



  1. 例えば都内での話、
    組合の申し合わせで18時閉店を遵守するお店が大半のようですが
    抜け駆け的に全力営業する店が
    時々見受けられますね…

    しかもメールで
    激震とか大津波とか(大抵海物語系?)
    非常識に煽ってくる渋谷区の某店やら
    憤りを覚えます。
    くれぐれも良識ある営業で顧客の信頼を得ていただきたいですね。



  2. 自店だけ 良ければと言う 経営者は 駄目だよな。我が地区も 2社が 定休をしないで 明日から 営業です。神奈川も災害地なのに



  3. そんなお店は名前を公表すれば良いと思う。



  4.  アカネのは私も気付きました。
     まぁ、「震度○!」とかは当然ワザとだろうけど、「激震!」とかだと常套句すぎて、たぶん気付いてないよ。要するに何も考えてないんだよね…。
     昔、オウム心理教が騒がれてた頃(まだ疑惑の段階)、日拓の店内アナウンスが「業務連絡! ○○さん! 至急、店内中央、第7サティアンまでお越し下さい!」…っていう、フザケ過ぎなアナウンスを頻繁にやっていた。まぁ当時は、ブッ飛んでる店が沢山あったから…。もちろん今は、大概の店はちゃんとしてる。
     そう考えると、(アカネは例外)昔を知ってる人間としては、これでも全体的にはマシになってきてると感じる。だって、何が起きても、営業自粛なんて全く無かったからね。
     個人的には、どこか怪しくて、インチキくさい昔の方が面白かったけどね、この業界。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

パチンコ転職ナビ様

新台ポスターデザイン定期便様

グローバルアミューズメント㈱

パチンコ専門WEB制作

RSSでブログを購読

読者になる

最新の記事

アーカイブ