~透明感のあるパチンコ業界へ~

menu

常時山本

皆様、こんばんは。


大阪のH.S.K(旧・八田産業)が破産


TDB企業コード:580162585
「大阪」 (株)H.S.K(旧商号:八田産業(株)、資本金4800万円、大阪市旭区赤川2-4-10、代表松波明宏氏)は、6月13日に大阪地裁より破産手続き開始決定を受けた。


破産管財人は石原麗央奈弁護士(大阪市北区堂島浜1-4-16 アクア堂島西館2階、きっかわ法律事務所、電話06-6346-2970)。財産状況報告集会など各期日は10月23日午後3時。


当社は、1953年(昭和28年)9月に設立されたパチンコホール運営会社。大阪市旭区に2店舗、都島区に2店舗の合計4店舗を有し、地元密着型の展開で同業者にない豪華な景品を多数取り揃えて固定客を獲得、1997年7月期には年収入高約273億4700万円を計上していた。


しかし、近年は業界全体として射幸性の高い遊戯台規制から低価格で長時間利用できるような遊戯台へのシフト、個人消費の低迷による影響が重なり2013年7月期は年収入高約30億円までダウンし採算面も悪化。また、過去の設備投資に伴い資金面では有利子負債が過大となり財務面を圧迫していた。


2013年5月には運営全店舗の会社分割手続きを実施し、当社としては完全にパチンコホールの運営は無くなり、事業収入は分割会社からの事務代行業務収入のみとなっていた。こうしたなか、所有不動産の売却により債務の弁済を進めてきたが全額返済には至らず、3月31日に大阪地裁へ自己破産を申請していた。


負債は、金融債務を中心に約32億4900万円。


by 帝国データバンク



厳しい時代になりました。。。


ここに載るのは「原則、負債額30億円以上の倒産を掲載しています(最新~前月まで」との事で該当してしまったからですね。


この負債額以下の場合は表面化されないので、以前は調べることもよくありました。





LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

パチンコ転職ナビ様

新台ポスターデザイン定期便様

P-SENSOR様

パチンコ専門WEB制作

RSSでブログを購読

読者になる

最新の記事

アーカイブ