~透明感のあるパチンコ業界へ~

menu

常時山本

県警が立入り調査

皆様、こんばんは。

 

先週からこの話で持ち切りですね。。。

 

1

 

福井県警が、6月中旬より、県下のホール全てを対象に、釘に関する独自の立入り調査を実施することが分かった。同県警は「遊技機の型式試験結果の各入賞口の大きさ」を基準に調査するとし、違反行為者は「遊技機の無承認変更」で処分、さらに悪質な場合は、事件化するとともに、取り消し、営業停止命令、営業廃止命令を行うとされ、同県警が、非常に厳しい対応で臨む様相が伺える。

 

同県警独自の立入り調査の実施は、福井県遊協が6月3日付けで作成した文書で明らかとなった。これによると、5月28日開催の同県遊協理事・監事会で同県警生活環境課の小竹原慎二課長による講話があり、そこで立入り調査の概要について説明があった。

 

立入り調査の対象となる「くぎ」は、①一般入賞口周辺のくぎ及び風車の傾き・角度、②アタッカー周辺のくぎ、③始動口(スタートチャッカー)及び直近のくぎの3点。調査は、県下一斉に6月中旬から随時実施。閉店間際及び新台入替検査日に行われる。

 

by 遊技日本

 

異例とも言えるこの県警の動き。

 

他県に波及する可能性は大いに有り得ますね。

 

LINEで送る

関連記事

    • 名無し
    • 2015年 6月 12日

    脅しじゃなく、実際に取り締まりしてもらいたいですねー
    6月になっても、都内のほとんどのホールは改善が見られませんよ

      • てんま
      • 2015年 6月 12日

      遊技機の説明書どおりの釘だと、スタートチャッカーに入らないけど、10個入賞にたくさんはいるって状況になるけど、いいのかしらw逆に遊ぶ人たちが割りくうだけだぞ。

        • 常時山本
        • 2015年 6月 15日

        仰る通りです。。。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

パチンコ転職ナビ様

売り場プロモーション診断士検定

ユニバカ×サミフェス2018

広告募集中

RSSでブログを購読

読者になる

最新の記事

アーカイブ