~透明感のあるパチンコ業界へ~

menu

常時山本

民事再生法申請

皆様、お疲れ様です。


先週、各販社へ挨拶周りをしていたようですが。。。


TDB企業コード:250160053
「茨城」 (株)大鳥(旧商号・(株)金馬車、資本金1億円、水戸市河和田町丹下二ノ牧3891-10、代表高濱正敏氏)は、8月11日に水戸地裁へ民事再生法の適用を申請した。


申請代理人は後藤孝典弁護士(東京都港区西新橋1-5-11、電話03-3591-7377)。


(株)大鳥(旧商号・(株)金馬車)は、1978年(昭和53年)1月に設立した遊技場経営業者。99年(平成11年)7月には54年(昭和29年)に創業した旧・金馬車を吸収合併して新・金馬車として発足したもので、県北地域では老舗の遊技場経営業者として圧倒的知名度を有していた。店舗名を「金馬車」として、茨城県内を中心に、千葉、東京、埼玉など首都圏に店舗網を拡大、遊技場22店舗のほか飲食店やホテルなど経営多角化を進め、ピーク時となる2006年3月期には年収入高約869億円を計上していた。


しかし、業界内では「5号機問題」による客離れが深刻化する一方で、リーマン・ショックによる景気低迷の影響で遊技人口も大幅減少を余儀なくされていた。2009年3月期の年収入高は約542億円まで落ち込む一方で、過去に積極的に行った遊技場への投資やホテルの買収などで膨らんだ有利子負債の圧縮が進まず、不採算事業からの撤退や不動産売却などによる金融債務圧縮が課題となっていた。


こうしたなか、2011年3月に発生した東日本大震災により店舗の地下駐車場が津波で水没するなど、一部店舗で長期間休業を余儀なくされたため、借入金やリース債務の返済条件緩和策を講じて窮地を凌いできたが、回復の見込みがたたないことから、今回の事態となった。


負債は、約67億円が見込まれる。


なお、(株)大鳥が運営していたパチンコ店17店舗は、同社から2014年8月1日に新たに会社分割によって設立された(株)金馬車(資本金2900万円、茨城県日立市幸町2-1-10、代表岡村諭氏)が引き継いで平常通り営業している。


by 帝国データバンク



都内はまだしも、北関東は厳しいのでしょうね。


それと別会社だか関係者が関わっているサイトの「〇〇〇」でしたっけ!? こっちもどうなるでしょうね。





LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

パチンコ転職ナビ様

新台ポスターデザイン定期便様

グローバルアミューズメント㈱

売り場プロモーション診断士検定

RSSでブログを購読

読者になる

最新の記事

アーカイブ