~透明感のあるパチンコ業界へ~

menu

常時山本

新規出店はゼロ

皆様、こんばんは。

 

そりゃそうよね。。。

 

■全日遊連組合員数調査 10月の新規店はゼロ

 

全日遊連がまとめる各都府県方面遊協の組合員数調査で、この10月の新規店舗数がゼロだったことが明らかになった。月内の新規店が1店もないのは、平成19年に統計を取って以来、初めて。

 

営業店舗数は前の月から59店舗減って9,303店になった。遊技機台数は不調が続くパチンコ機が1万2,827台の大幅減で243万361台になったほか、パチスロも7,245台減の153万7,687台となった。

 

1月から10月までの新規店数は合計101店であるのに対して、一方の廃業店はその5倍近い492店になっている。

 

by 遊技通信

 

競合には認定機がある以上、新規ではなかなか難しい。 移設する(同一県内のみ)としても系列店から移設したら既存店の稼働にも影響する。

 

やはり再来年辺りの5%以下になった時点であれば勝算ある試算も組めるでしょう。 競合からすれば最も嫌な時期。

 

豊富な市場は大事だけど同時にタイミングも大事!

 

LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

パチンコ転職ナビ様

売り場プロモーション診断士検定

デザイン定期便

広告募集中

RSSでブログを購読

読者になる

最新の記事

アーカイブ