~透明感のあるパチンコ業界へ~

menu

常時山本

皆様、こんばんは。

 

すでにご存知の通りですが。。。

 

8月末までに回収撤去の期限が区切られていた第1次、2次「回収対象遊技機」の撤去状況について、全日遊連の平川容志副理事長は9月16日の全日遊連理事会後の記者会見で、「9月12日の7団体連絡会議で日工組から示された途中経過の資料では、99.数パーセントが撤去されていた。最終的には全商協が9月20日に第1次、2次の回収撤去状況を報告し、その後、日工組から正式な報告がある」と説明した。

 

9月12日に出された撤去状況の資料自体が数日前の統計によるもの。平川副理事長は12日の時点でそれよりも撤去が進んでいるとの認識を示した。

 

また、阿部恭久理事長は99%以上撤去されていることに対し、「皆さん非常に努力され、ご協力していただけた。業界の将来に向けて、ここが第一歩であることを十分にご理解いただけたのだと思う」と述べた。

 

その上で、「メーカーさんに対して言いたいことがあり、なかなか外さないお店があるとも聞いている。そうしたお店にも理解していただければ100%撤去される状況になるのではないか。そうした状況はメーカーさんにも伝えていきたい。第3次の回収対象機はもっと台数がある。それをしっかり外していくためには、感情的な部分で(撤去を)先に延ばさない状況にすることが大事になるのではないか」と述べた。

 

一方、8月4日の7団体連絡会議の方針として出された「毎月の回収目標値」については、「これから協議される」(平川副理事長)ことが報告された。

 

by グリーンべると

 

某店のA機種が暫く稼働していたのは有名な話!?

 

これに対するメーカーの対応としては新台のB機種は「TOP納品は無い!」としている。 いつ納品されるかが注目される!!

 

LINEで送る

常時山本の覆面調査

店舗にいると何が良くて何が悪いのか分からなくなる時があります。そんな時は第三者の視点で観る事も必要です。

①競合店と比べると自店はどうなのか。
②自店の強みは何なのか。
③不正はされていないか。

などなど、改善する事で全体のパフォーマンスを上げ支持率へと繋げましょう。

常時山本の覆面調査については、こちらからお気軽に問合せ下さい。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージはこちら

関連記事

    • 通りすがり
    • 2016年 9月 25日

    完全に撤去の問題になってますよね。
    保通協を騙して検定を取ったのは誰なのか?
    黙認して検定にGOを出した保通協の責任者は誰なのか?
    保通協は責任から逃れて被害者顔して、メーカーは自分の問題をホールに押しつけていますよね。
    メーカー全体で1台40万計算だと3000億円の特需が置きましたが幾らの裏金が回ったのでしょう。。。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

株式会社エコネット様

株式会社エコネット様

パチンコ転職ナビ様

パチンコ転職ナビ様

株式会社TABEO(タベオ)

P・S店専門ホームページ制作会社様

広告募集中!

広告募集中!

読者になる

RSSでブログを購読

アクセスカウンター

  • 9631昨日の閲覧数:
  • 267502月別閲覧数:
  • 43現在オンライン中の人数:

カレンダー

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

Twitter

最新の記事

アーカイブ